デグー

【デグーの人気の色8種】飼育前に知っておきたい毛色の種類と価格一覧

更新日:

 

この投稿をInstagramで見る

 

Makotoさん(@makkie_77777)がシェアした投稿

【この記事は1~2分ほどで読み終わります。】

 

デグーといえば、飼い主さんにべったりなつく小動物として人気ですよね。

そんなデグーは毛色の種類によって印象が全く違います。

この記事では、デグーの人気の毛色8種類と値段についてまとめさせて頂きました。

これからデグーを飼おうかと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 


ADVERTISEMENT


 

人気の毛色8種と価格相場

カラー 価格
アグーチ 7,000~9,000円
ブルー 10,000~20,000円
パッチドアグーチ 10,000~15,000円
ホワイトパッチドアグーチ 20,000~30,000円
パッチドブルー 15,000~20,000円
ホワイトパッチドブルー 25,000~35,000円
ホワイト 20,000~55,000円
サンド 30,000~60,000円

 

デグーの価格相場は販売元によって大きく異なります。

また、同じ販売元でも年齢などによって値段が上下する事があります。

上の表はデグーの販売価格の相場です。

購入前の参考にしてください。

希少な毛色ほど価格が高くなり入手も困難になります。

ホワイトやサンドは販売されている個体数自体が少ないため、購入を考えている方は早い段階から探し始める事をおすすめいたします。

 

✅アグーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆうちゃんさん(@lg519)がシェアした投稿

 

アグーチは茶色い毛が特徴で、デグーの中で最も多い毛色です。

別名でノーマルとも呼ばれています。

他の種類と比べて最も安価ですが、だからといって体が弱い訳ではありません。

むしろ野生に最も近い種類なので、体が丈夫で身体能力が高い個体が多い種類です。

販売価格は7,000~9,000円です。

 

✅ブルー

 

この投稿をInstagramで見る

 

kaho 🐭🐶さん(@kahofujimura)がシェアした投稿

 

ブルーは全身灰色の毛が特徴で、やや珍しい毛色です。

別名でシャンパンアグーチとも呼ばれています。

品種改良を繰り返されて生まれた毛色なので、個体によって色の濃淡が異なります。

綺麗なブルーほど価格が高くなる傾向にありますが、値段の付け方はショップによってさまざまです。

販売価格は10,000~20,000円です。

 

✅パッチドアグーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

civi☆civiさん(@civi.civi_owner)がシェアした投稿

 

アグーチに白い模様が入った毛色です。

白よりもアグーチの毛色の方が割合が高いのも特徴になります。

別名でアグーチパイドと呼ばれる事もあります。

白の入り方によって見た目も価格も異なり、白が多い個体ほど価格が高くなる傾向にあります。

販売価格は10,000~15,000円です。

 

✅ホワイトパッチドアグーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

のん子と仲間たちさん(@noatan1107)がシェアした投稿

 

パッチドアグーチと比べて、白の割合が多いのが特徴です。

パッチドアグーチと明確に分けられている訳ではないので、ホワイトパッチドアグーチもパッチドアグーチとして販売される事もあります。

販売価格は20,000~30,000円です。

 

✅パッチドブルー

 

この投稿をInstagramで見る

 

ruseさん(@y_higurashi)がシェアした投稿

 

パッチドブルーは、ブルーのベースに白い毛色が混ざった毛色です。

白よりもブルーの割合の方が高い事も特徴です。

別名でブルーパイドと呼ばれる事もあります。

個体によって白の割合は異なります。

販売価格は10,000~20,000円です。

 

✅ホワイトパッチドブルー

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆうちゃんさん(@lg519)がシェアした投稿

 

パッチドブルーよりも白の割合が高い個体をホワイトパッチドブルーと呼びます。

パッチドブルーと併せて販売しているショップもあります。

ブルーよりも白の割合が高いのが特徴です。

販売価格は25,000~35,000円です。

 

✅ホワイト

 

この投稿をInstagramで見る

 

civi☆civiさん(@civi.civi_owner)がシェアした投稿

 

ホワイトはその名前の通り全身真っ白な毛色が特徴です。

デグーのホワイトはかなり希少なので、購入できるショップはかなり限られます。

別名でスーパーホワイトやハイホワイトと呼ばれることもあります。

近年ホワイトを販売しているショップが増えてきましたが、完全に真っ白な個体を日本で入手する事は困難で、ややパイドやブルーが混ざっています。

販売価格は20,000~55,000円です。

 

✅サンド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Risaさん(@minirinrin33)がシェアした投稿

 

その名前の通り砂のような毛色が特徴です。

ホワイトと同様に入手が困難で、購入できるショップはかなり限られます。

ここ数年で取り扱うショップが増えてきたので、入手しやすくなりましたが、売り切れてしまう事も多々あります。

販売価格は30,000~60,000円です。

 

どこで購入したら良いの?

●大型チェーン店から購入する

●デグー専門店から購入する

●里親募集に出されている子を探す

 

デグーをお迎えするためには、大きく分けて3つの手段があります。

大型チェーン店で購入するメリットは、事前にホームページから写真で確認できることです。

事前にどの店舗で取り扱っているか、どんな毛色をしているかを大まかに知る事ができるので、お迎えするための計画も立てやすくなります。

 

デグー専門店は普通のペットショップと比べて、より多くのデグーを販売しています。

なので多くの中から気に入った個体を選ぶことが出来るようになります。

ただし、販売している店舗の場所が限られているので、ほとんどの方は遠出して購入しに行かなければなりません。

 

デグーは里親募集に出されている事もあります。

里親募集に出されているのは、一度人に飼われた個体なので、餌の好みや性格などの事前情報を得やすいです。

ただしデグーは若い個体の方がなつきやすいため、成体になったデグーを引き取るのは、初めてデグーを飼う方には不向きだと思います。

 

毛色によってなつきやすさは違う?

品種改良を多く繰り返して生まれた品種の方がなつきやすいという話もありますが、実際はあまり関係ありません。

結局のところは『個体差による』という結論になります。

なつきやすい個体を探すなら、毛色よりも『人に慣れているオス』を探した方が良いでしょう。

これも個体差によるのですが、メスよりもオスの方がなつきやすい傾向にあります。

上でも記載させて頂きましたが、デグーは幼い個体の方が人になつきやすくなります。

生後6ヵ月未満がベストだと思います。

 

なつきやすいデグーを探すなら、人に慣れていて生後6ヵ月未満のオスがおすすめです。

▼なつきやすいデグーの探し方は、こちらの記事で詳しくまとめています。

【なつくデグーの特徴】なつくまでの期間と飼育方法まとめ

 

大人になると若干毛色が変わる?

デグーは大人になると少しだけ毛色が変わります。

とはいっても、子供の頃と比べてやや毛色がはっきりするという程度です。

アグーチがブルーになったりホワイトになる事はないので、生まれたときの毛色でほぼ決まっています。

 

最後に

現在、日本で購入する事ができるデグーの毛色は8種類です。

どの毛色のデグーも、愛情を持って接していればべったり懐いてくれます。

飼いたい毛色のデグーが見つかったら、次はデグーがたっぷり遊べる飼育環境を準備してあげましょう。

当ブログでは、他にもデグーに関する記事をまとめているので、興味を持った方はぜひ他の記事も読んでみてください。

 

 

 

関連記事

-デグー

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.