うさぎ

【うさぎ】ロップイヤーを飼いたい!特徴・性格・種類・値段・寿命まとめ

更新日:

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミミィ♡ココ♡ポコ♡さん(@mimmy0703)がシェアした投稿

【この記事は1~2分ほどで読み終わります。】

 

垂れ下がった長い耳が特徴のロップイヤーは、その愛らしい見た目からうさぎの中でも人気が高いペットです。

また、一口にロップイヤーと言っても種類や毛色のバリエーションが多いため、個性が強いところも魅力のひとつです。

この記事では、そんなロップイヤーの特徴や性格、種類と値段、飼い方などをまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

ロップイヤーの特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

みぞれ🐰&だいず🐹(MIZORE&DAIZU)さん(@dadaizme)がシェアした投稿

体高

●30~50センチ

体重

●1.5~5キロ

 

ロップイヤーの特徴は大きい垂れ耳です。

子供の頃は耳が垂れていない子も居ますが、大人になるにつれてだらーんと垂れてきます。

少し潰れたような鼻も特徴の一つ。

もともとは大型のうさぎだったのですが、品種改良により小型化してきました。

ロップイヤーはうさぎの中でもペットとしてトップレベルの人気を持つ種類です。

 

✅性格

ロップイヤーは穏やかな性格をしていて、うさぎの中では比較的飼いやすい品種です。

好奇心旺盛で人懐っこい面もあり、なつけば自分から飼い主さんの方によってきて甘えてくれますよ。

知能が高いので、飼い主さんの行動を見ていて意図を読み取って遊ぶ事もあります。

普段はだらーんとしていて、遊ぶときはとても活発というギャップもロップイヤーの魅力の一つです。

 

 

ロップイヤーの値段と種類

値段

●1万~8万円

種類

●イングリッシュロップ

●アメリカンファジーロップ

●フレンチロップ

●ホーランドロップ

●ライオンロップ

 

✅値段

ロップイヤーの値段は、ショップや血統などによっても影響されるので1万~8万とバラつきがあります。

大型のチェーン店などでは、取り扱っているうさぎの写真を掲載しているので、リサーチしやすいと思います。

通常のペットショップと比べて値段は高くなってしまいますが、うさぎ専門店での購入もおすすめです。

うさぎ専門店では、多くの種類や毛色のうさぎを取り扱っているので、好みのうさぎを見つけやすいですし、飼育後のサポートを付けてくれるお店もあります。

 

✅イングリッシュロップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

りょかさん(@danbochannn)がシェアした投稿

 

イングリッシュロップはロップ種の原種です。

ロップイヤーの中でも特に長い耳を持っているのが特徴です。

耳の長さには個体差がありますが、中には地面にこすれてしまいそうなほど長い耳を持っている子もいます。

性格は大人しくて人懐っこいので、比較的飼いやすいのですが、耳が長い分手入れが大変になります。

 

✅アメリカンファジーロップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌸Haru♀陽香🌸&🐰Mofu♂もーふ🐰さん(@halle_1115)がシェアした投稿

 

ロップイヤーの中で最も長毛なのがこのアメリカンファジーロップです。

うさぎの中でも断トツに長い被毛を持っているアンゴラウサギの血をひいています。

 

✅フレンチロップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゃつみさん(@franc040506)がシェアした投稿

 

比較的大きな体が特徴のロップイヤーです。

イングリッシュロップの血をひいているのですが、耳はイングリッシュロップ程大きくありません。

温厚で人懐っこい性格をしていますが、パワフルなため広い飼育スペースが必要です。

 

✅ホーランドロップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

sunu🐼💗さん(@sunu_pyoko)がシェアした投稿

 

ロップイヤーの中で最も小さいのがこのホーランドロップです。

丸いからだと垂れ下がった耳が特徴で、温厚な性格をしているので初心者でも飼いやすく、人気があります。

毛色のバリエーションが非常に多い事も特徴の一つです。

 

✅ライオンロップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

うにさん(@uniuni_0417)がシェアした投稿

 

その名前の通り、顔の周りにライオンのたてがみのような毛があるのが特徴です。

温厚な性格をしているので、比較的飼いやすい種類です。

 

毛色の種類

●セルフ

●シェイデッド

●ブロークン

 

ロップイヤーの毛色は30種類以上あります。

白かったり、黒かったり、青みがかっていたりなど色の種類が多く、単色や2色・3色、グラデーションなど色の入り方も様々です。

上の3種類はうさぎの色のパターンを大きく分けたものなので、購入前の参考にしてください。

 

✅セルフ

 

この投稿をInstagramで見る

 

こたろうさん(@kota_lop)がシェアした投稿

 

セルフは全身が1色で構成された品種です。

ソリッドと呼ばれる事もあります。

 

✅シェイデッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

taku segawaさん(@taku.segawa)がシェアした投稿

 

耳、鼻先、足、尻尾の毛色が濃く、グラデーションがかっているのが特徴です。

 

✅ブロークン

 

この投稿をInstagramで見る

 

観賞魚・小動物専門店 まるかねさん(@marukanee)がシェアした投稿

 

ベースの色が白で、そこに他の色が混ざっているブチ模様が特徴です。

中には3色以上入っている個体も居て、『トライカラー』と呼ばれています。

 

ロップイヤーの寿命

平均寿命は6年~8年程と言われています。

中には10年以上生きる子も居ますが、5年生きられない子も多いです。

後述になりますが、うさぎはストレスに弱いため飼育環境によっても寿命の長さは変わってきます。

ストレスが原因になって病気になってしまったり、急に餌を食べなくなってしまったり、糞が小さくなったり、急に体調を崩してしまう事もあります。

ストレスをなるべく与えない環境での飼育も大切ですが、異常が見られた時に、すぐに気づけるように日ごろから観察しておくのも重要です。

 

ロップイヤーの飼い方

ポイント

●ストレスを与えない

●室温の管理を徹底する

●決まった食事を与える

●爪や耳のケアをする

●周辺の動物病院をリサーチしておく

 

✅ストレスを与えない

ストレスを与えないために、清潔な飼育環境をつくり、適度な運動をさせてあげましょう。

ケージの底部分のトレイやトイレは2日に1回くらいの頻度で掃除してあげてください。

ケージ全体は1週間に1度くらいの頻度で丸洗いするかきれいに拭いてあげましょう。

特にケージの底部分が汚れているとお尻の部分が汚れやすく、ロップイヤーは耳が長いため耳も汚れてしまう事があります。

ストレスだけではなく、皮膚病の原因になるので清潔な飼育環境はとても重要です。

 

ロップイヤーは活発な性格をしているので、ケージにずっと入れておくとストレスの原因になる事があります。

1日に1度はケージから出してお部屋の中で散歩をさせてあげてください。

ケージから出す際は、電気コードなどを齧ってしまわないようにあらかじめ片付けておきましょう。

 

✅室温の管理を徹底する

うさぎは室温の変化に弱い生き物です。

室温は常に18℃~24℃の間でキープしましょう。

うさぎは汗をかくことができないため、人間のように扇風機で涼しさを感じる事ができません。

室温の管理は必ずエアコンを使う必要があります。

ケージの近くに温度計を設置して置くとより確実に室温の管理ができます。

 

✅決まった食事を与える

うさぎと言えばニンジンというイメージがありますが、基本的に与える餌はチモシーとペレットです。

チモシーはうさぎがいつでも食べられるように牧草入れに多めに入れておきましょう。

ペレットはチモシーに不足している栄養分を補うために与えます。

ペレットは与えすぎると肥満の原因になるため注意しましょう。

餌は1日に2回、決まった時間にあげてください。

野菜やドライパイナップルなどのおやつは与えると喜びます。

 

✅爪や耳のケアをする

伸びた爪を切ったり耳掃除は定期的にしてあげましょう。

爪切りは抱っこして行わなければならないので、抱っこが苦手な子は飼い主さんがしてあげる事は難しいです。

あまりにも嫌がるようであれば動物病院で切ってもらいましょう。

 

ロップイヤーは耳が大きく垂れ下がっているため、汚れたり傷が出来やすいので定期的に掃除してあげましょう。

耳掃除を行う時に、耳の中に異常がないかも確認してください。

 

✅周辺の動物病院をリサーチしておく

いざという時に備えて、うさぎを診てもらえる動物病院を探しておきましょう。

かかりつけの病院があると診察の際スムーズになります。

 

必要な飼育グッズは?

・ケージ

・キャリー

・グルーミンググッズ

・食器

・牧草入れ

・餌

・給水機

・トイレ

・トイレ砂

・かじり木

・ペットシーツ

 

✅ケージ

ロップイヤーの体の大きさにあったものを選びましょう。

大きすぎてもストレスの原因になったり、お手入れも大変になるため適度なものがベストです。

床の素材にも注意しましょう。

金網タイプは足を傷つけてしまう危険があるため、すのこタイプかプラスチックタイプがおすすめです。

 

✅キャリー

キャリーはケージをお掃除する際に使用したり、動物病院などに移動する時に使用できます。

取っ手が付いている物を選ぶと移動の際に楽になります。

 

✅グルーミンググッズ

グルーミンググッズは爪切りやブラシなどです。

うさぎが家の環境に慣れてきたら始めましょう。

ブラシは喜ぶ子もいますが、嫌がる子も多いです。

爪切りもブラシも素早く終わらせて、終わったら褒めてあげるのがコツです。

ブラシには通常のものと長毛種用のものがあります。

ペットのロップイヤーの毛の長さにあったものを選びましょう。

 

✅食器

食器はペレットなどを入れるために使います。

丸洗いしやすくて傷みにくい物が良いです。

 

✅牧草入れ

ケージに立てて取り付けられるものがおすすめです。

 

✅給水機

水入れは食器のタイプよりもボトルタイプが清潔に使えます。

こちらもお掃除しやすいものを選びましょう。

 

✅トイレ

うさぎはトイレが気に入らないとトイレで排泄をしなくなります。

トイレには長方形のタイプと三角形のタイプがあり、大きさも様々です。

飼っているうさぎの大きさにあったものを選びましょう。

 

✅ペットシーツ

ペットシーツはケージ下のトレイに敷いて使います。

コストはかかりますが、ペットシーツがあるだけで掃除がかなり楽になります。

ペットシーツは2日に1度は交換してあげましょう。

 

 

 

関連記事

-うさぎ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.