ハムスター

【簡単】ハムスターの鳴き声で気持ちを知る方法!鳴き方を感情別に紹介

更新日:

【この記事は1~2分ほどで読み終わります。】

 

ハムスターは普段鳴き声を通して、私たちに様々なメッセージを送っています。

鳴き声の種類を少し覚えておくだけで、嬉しい時や怒っている時、遊んで欲しい時など、ハムスターが飼い主さんに訴えている事をスムーズに理解する事が可能です。

この記事では、ハムスターの鳴き声を感情別に分けてまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

嬉しい時・甘えている時

・キュキュキュッ

・チュッチュッ

・キュッキュッ

 

ハムスターは嬉しい時に『キュキュキュッ』という鳴き声を見せます。

『チュッチュッ』や『キュッキュッ』は餌やおやつが欲しい時に出す時の鳴き声です。

また、ケージから出して欲しい時や、飼い主さんにもっと遊んで欲しい時に鳴くこともあります。

 

怒っている時

・ギッ

・ジジジッ

・ジージーッ

・ギューギューッ

 

『ギッ』や『ジジジッ』という鳴き声は、ハムスターが怒っている時に出す鳴き声です。

威嚇でもあるので、これらの鳴き声は強く訴えるように鳴き、濁音が付いているのも特徴です。

この鳴き声を聞こえた時に触ってしまうと、本気噛みされる可能性もあるので気を付けましょう。

飼い主さんの居ない所でこの鳴き声が聞こえた時は、ハムスター同士が喧嘩している可能性があるので、急いで確認をしに行ってください。

 

驚いた時・怯えている時

・キュキュッ

・キーキーッ

 

ハムスターは驚いた時に『キュキュッ』という鳴き声をします。

急にこの鳴き声がケージから聞こえた場合は、ハムスターがケージ内で足を挟むなどの事故を起こしてしまった可能性があります。

飼い主さんが触った時に驚いてしまった場合は、まだ飼い主さんに慣れていないか声掛けが足りない事のどちらかが考えられます。

ハムスターはあまり視力が良くないため、急に触られると飼い主さんの事を認識できず、驚いてしまうのです。

触る前に名前を呼んで、飼い主さんの存在をハムスターに認識させましょう。

 

『キーキーッ』という鳴き声はハムスターが怯えている時に使う鳴き声です。

まだお迎えしたばかりで、環境や飼い主さんに慣れていない状態の時にコミュニケーションを取ろうとするとこの様に鳴くことがあります。

無理に触る事は避け、餌の手渡しなどを利用して少しずつ慣れさせていきましょう。

 

苦しんでいる時

・チューチュー

・キューキュー

 

弱々しい鳴き声で『チューチュー』『キューキュー』と聞こえた場合は要注意です。

これはハムスターが病気になっていたり、寿命が近い時に使う鳴き声です。

もし病気だった場合は、肺や呼吸器を悪くしてしまっている可能性があるので、なるべく早く病院へ連れて行ってあげてください。

 

こんな場合もあります

・寝言を言っている

・鼻が詰まっている

・発情期に入っている

・喧嘩をしている

 

✅寝言を言っている

寝ているはずのハムスターが急に鳴きだした時は、単なる寝言の場合が多いです。

『クックッ』『ジージー』など寝言の種類はたくさんあるので、急に聞こえたら少し驚いてしまいますよね。

これは健康に異常はなく、快眠しているだけなので問題はありません。

 

▼こちらの動画は実際にハムスターが寝言を言っている様子です。

 

✅鼻が詰まっている

『スース―』『プスップスッ』と鼻が詰まっているような鳴き方をし始めたら、風邪かアレルギー性鼻炎の可能性があります。

ハムスターは季節の変わり目だったり寒さにとても弱く、風邪をひきやすいペットです。

秋から冬に変わる時期などは特に室温の管理に気を付けてください。

 

アレルギー性鼻炎も比較的ハムスターが起こしやすい症状の一つです。

風邪と症状が似ているのですが、アレルギー性鼻炎だった場合は、耳が赤くなっていたり呼吸がし辛そうになります。

その場合アレルギーの原因の大多数は床材で、床材を変える事でアレルギー反応が治まる場合もあります。

 

✅求愛行動

ハムスターのメスは求愛の際『ギーギー』という鳴き方をします。

逆にハムスターのオスは発情期特有の鳴き方というものはありません。

 

▼下の動画はメスが発情してオスを呼んでいる様子です。

『ギーギー』と短く鳴いてケージ内をソワソワしながら歩き回っています。

こうして落ち着きがなくなるのも、ハムスターのメスが発情している時のサインです。

オスの場合は、睾丸が目に見えて大きくなるので見分けやすいと思います。

 

✅喧嘩をしている

ハムスター同士仲良く遊んでいるかと思いきや、急に喧嘩に発展する場合もあります。

普段大人しいジャンガリアンハムスターなどでも、縄張り意識はとても強いため、他のハムスターと激しい喧嘩をしてしまう事があります。

鳴き声が急に『ジージーッ』と強い威嚇に変わったら急いで止めに入りましょう。

 

交尾をしたばかりのつがいでも大喧嘩に発展してしまう事はあります。

交尾をしているかに見えても、どちらかが大怪我を負う程の喧嘩に変わってしまう事はあるので注意しましょう。

 

最後に

ハムスターの鳴き方を覚える事で、ハムスターが求めている事を理解できるようになります。

コミュニケーションをスムーズに行えるようになりますし、病気になった際に異変に気付くきっかけにもなります。

ハムスターを初めて飼う方、飼ったばかりの方は、鳴き声に注目してハムスターからのメッセージを聞いてあげてください。

 

 

 

関連記事

-ハムスター

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.