ハムスター

ハムスターの飼い方:なつく種類の選び方や寿命・値段まとめ【初心者向け】

更新日:

【この記事は2~3分ほどで読み終わります。】

 

あまり知られていませんが、ハムスターは20種類以上ある生き物です。

種類によってなつきやすさと飼いやすさは変わるので、最初のハムスター選びはとっても重要です。

また、同じ種類のハムスターの中でもなつきやすい個体、なつきにくい個体を見分ける方法も存在します。

この記事では、なつきやすいハムスターと種類ごとの寿命と販売価格についてまとめさせて頂きました。

2~3分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

なつきやすいハムスター

ハムスターは種類によって性格や飼いやすさが違います。

ここでは飼育初心者の方が飼いやすいハムスターの種類をまとめさせて頂きました。

 

✅キンクマハムスター・ゴールデンハムスター

ハムスターの中でもトップレベルに人気の高い種類です。

キンクマハムスターはゴールデンハムスターを品種改良して出来た種類で、現在はカラーハムスターのアプリコット色をキンクマハムスターと言います。

性格はおっとりとしていて人懐っこく、初めてハムスターを飼うならうってつけ。

ただし多頭飼いには向かないので、多頭飼いをするなら複数のケージが必要です。

 

✅ジャンガリアンハムスター

キンクマハムスター・ゴールデンハムスターと並んで人気が高い種類。

温和で人懐っこく、子供から大人まで多くの方から好まれています。

似た種類でキャンベルハムスターが居ますが、そちらはやや飼育難易度が高めなので注意してください。

 

なつきにくいハムスター

 

✅チャイニーズハムスター

画像引用元:https://pets-kojima.com

別名モンゴルハムスターとも呼ばれていて、スマートな体と滑らかな毛並み、尾が長いのが特徴。

多頭飼いがしやすく、ハムスター同士の相性が良ければ同じケージ内での飼育も可能です。

また、ハムスターの中でも知能が高く、学習能力が非常に高い種類でもあります。

ケージの開け方も覚えてしまうので、ロックが付いていないタイプのケージを使用すると脱走してしまう事があります。

性格は大人しく、好奇心旺盛なので飼い主さんにも早い段階で興味を示しますが、学習能力が高いため一度飼い主さんを恐がってしまうとなかなか懐かなくなってしまいます。

 

✅キャンベルハムスター

画像引用元:https://living-creature.com

ジャンガリアンハムスターと見た目が似ており、パイド、シナモン、アルビノ、ブラックなど様々なカラーバリエーションがあります。

ハムスターの中でも警戒心が強く、臆病な性格をしています。

そのせいで飼い主さんの事を噛んでしまったり、他のハムスターと喧嘩をしてしまう事があります。

キャンベルハムスターを飼うなら同じケージ内での多頭飼いは避けた方が良いです。

 

✅ロボロフスキーハムスター

画像引用元:https://petraku.com

ハムスターの中で最も小さな種類がこのロボロフスキーハムスターです。

その可愛らしい見た目から人気はとても高いのですが、臆病なため飼い主さんに慣れにくい種類でもあります。

また、小さな見た目と反して活発で素早い動きをするので、ケージから出してコミュニケーションを取るのはやや難しいでしょう。

ロボロフスキーハムスターを飼うなら、気長に少しずつ慣れさせていく必要があります。

 

なつきやすい性格のハムスターの選び方

同じ種類のハムスターの中でも、なつきやすい個体、なつきにくい個体はあります。

初めてハムスターを飼うなら、少しだけ成長していて人懐っこい個体がおすすめです。

産まれて間もないベビーのハムスターはまだ人に慣れておらず、育て方によっては人に怯えてしまい、なつきにくくなることがあります。

ベビーから少し成長していて、なおかつ人懐っこい個体は、ペットショップで多くの人たちに触れてきて人に慣れているので、比較的なつきやすい傾向にあります。

 

ハムスターの寿命は?

ゴールデンハムスター 2年~3年
ジャンガリアン 2年~2年半
キャンベルハムスター 1年半~3年
ロボロフスキーハムスター 2年~3年
チャイニーズハムスター 2年~3年

 

ハムスターの平均寿命は種類によってやや異なりますが、怪我や病気を避けて育てれば3年程長生きする事ができます。

ちなみにハムスターの年齢は、人間の30倍の速さで進んでいくと言われているので、3歳だと人間の歳で90歳です。

ハムスターの長寿にはギネス記録があり、その年齢は4.5歳です。

ハムスターを長生きさせるには、清潔な飼育環境で餌の与えすぎを避け、なるべくストレスを減らしてあげる事が重要です。

初めてハムスターを飼った際は、3年生きられるようにお世話をしてあげてください。

 

▼ハムスターの寿命の伸ばし方はこちらの記事で詳しくまとめています。

 

ハムスターを飼うために必要な金額

 

✅ハムスターの値段

ゴールデンハムスター 1000円~2000円
ジャンガリアン 1000円
キャンベルハムスター 2000円~4000円
ロボロフスキーハムスター 2000円
チャイニーズハムスター 3000円~4000円

ハムスターは種類によって値段が若干異なります。

一般的には1000円~4000円で購入が可能ですが、全身真っ白な『アルビノ』や左右で目の色が違う『オッドアイ』は購入価格が高くなります。

そちらはかなり希少な個体なので、ペットショップで見かける事はまずないと思います。

 

✅必要な飼育グッズを揃えるには

・ケージ

・巣箱

・トイレ・トイレ砂

・敷材

・回し車

・餌

・餌箱

・給水機

 

ハムスターをお迎えするのに最低限必要な飼育グッズは上の8点で、これらを購入すると大体5000円前後になります。

多頭飼いをする場合は、相性が合わなかった時のこと、交配する事を予想して余分にケージがあると安心です。

▼初めてハムスターを飼うなら下のようなスターターセットが便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三晃商会 SANKO ハムポット スターターセット ピンク・5点セット (37.…
価格:4980円(税込、送料別) (2019/7/1時点)

楽天で購入

 

 

 

最後に

ハムスターは犬や猫よりも販売価格が安く、飼育の手間も少なく、手軽に飼いやすいペットです。

ただし、前知識なしで飼うと病気にさせてしまったり、大量に繁殖させてしまったり、共食いをしてしまったり、などトラブルは多く起こります。

また、寿命は短く長生きできるペットではないので、ハムスターを飼った際は最後までしっかりと面倒を見てあげてください。

 

 

 

関連記事

-ハムスター

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.