モルモット

【簡単】モルモットがなつく方法|なつくモルモットの見分け方と接し方まとめ

更新日:

【この記事は2~3分ほどで読み終わります。】

 

モルモットは日本ではまだマイナーな部類ですが、オランダでは人気ナンバーワンのペットです。

比較的飼いやすいペットですが、それは『飼い主さんになつく』かどうかで大きく変わってきます。

この記事では、人になつきやすいモルモットの選び方と飼い主さんになつかせる方法についてまとめさせて頂きました。

2~3分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

モルモットがなつくとどうなるの?

モルモットはなつくと、とっても可愛いです。

基本的にはおっとりとした性格をしていますが、飼い主さんに対してはさまざまな鳴き声で話しかけてくれます。

その中でも甘えている時の鳴き声が可愛らしいと評判です。

 

▼下は飼い主さんに撫でて貰って甘えてる動画。

『プイプイ』『キュイキュイ』とモルモット独特の可愛らしい鳴き声で、飼い主さんに話しかけています。

モルモットは警戒心が強くて最初はなかなかなついてくれませんが、心を開いてくれた時はとっても嬉しいです。

警戒心が解けてなついてくれた時は、飼い主さんの膝の上でくつろいだり、名前を呼ぶとよってきてくれるようになりますよ。

 

また実は頭が良いペットでもあります。

個体差にもよりますが、教えれば芸を覚える事もあります。

▼こちらは餌が欲しい時にベルを鳴らすようにしつけられたモルモットの動画です。

器用に体を使ってベルを鳴らしています。

とっても可愛らしいですね。

モルモットの中には自分で缶を開けておやつを取り出せるようになる子も居ますよ。

 

なつくモルモットの選び方

モルモットには個体差があるので、どのモルモットでも飼い主さんになついてくれる訳ではありません。

これからモルモットを飼うなら、以下の事に注意して選びましょう。

 

✅生後1~2ヵ月の個体を選ぶ

生後1~2ヵ月程の幼いモルモットの方が飼い主さんになつきやすいと言われています。

生後1年を過ぎたモルモットが安く売られている事がありますが、初めて飼うなら避けた方が良いでしょう。

余談ですが、交配を考えているようなら年齢には特に注意しましょう。

メスのモルモットは生後6ヵ月以内に交配をさせないと骨盤が固まってしまい、難産になってしまう可能性が高まります。

 

✅なついてくれそうな個体を選ぶ

初めて接した時のモルモットの反応が重要です。

飼い主さんが近づいても嫌がったり警戒しない個体を探しましょう。

少し触ってみたり撫でたりしてみるとより確実に見分けられます。

警戒心の強すぎる個体は飼い主さんになつかない可能性があるので避けた方が良いです。

ペットショップを何店舗かまわってみて、飼い主さんに一番なつきそうな個体を選びましょう。

 

なつかせるには最初が肝心

モルモットが一番警戒心を抱くのは家にお迎えした直後です。

ここで対応を間違ってしまうと警戒心が強まり、なついてくれるまでに時間がかかってしまいます。

モルモットをお迎えする際は、以下の事を参考にしてください。

 

✅お迎え当日~3日

お迎えしてから2~3日間はそっとしておきましょう。

なるべく干渉する事を避けて、大きな物音も立てないようにします。

幼い子供がいる方は特に気を付けてください。

ストレスを軽減させるため、室温の管理にも気を配りましょう。

モルモットが過ごしやすい温度は18℃~24℃です。

 

✅飼い主さんの存在を覚えさせる

お迎えして2~3日が経過したら飼い主さんの存在をアピールしましょう。

まだスキンシップを取るのは早いですが、モルモットに『飼い主さんが居る』という事を覚えさせてください。

これは1日に数回モルモットの様子をのぞきに行くだけで大丈夫です。

 

また、モルモットを新しいケージに移動させて慣れさせるのもこの時期にしましょう。

新しいケージに慣れるまでには4~5日必要です。

その間はモルモットのストレスを軽減させるため、餌や水を与える以外の干渉を避けてあげてください。

できたら餌もモルモットが寝ている間に与えた方が良いです。

 

✅名前を覚えさせる

モルモットが家に来て1週間が経過したら、モルモットに自分の名前を憶えて貰いましょう。

餌を与える時に名前を呼ぶだけで良いです。

これを繰り返すことによって『名前を呼ばれる=嬉しい事が起こる』と認識するようになって、飼い主さんになつきやすくなります。

ただしこの段階ではまだスキンシップは早いです。

名前を呼びながら過度なスキンシップを取ってしまうと、名前を呼ばれる事に対して悪いイメージを持ってしまい、今後の生活に支障をきたします。

 

✅スキンシップをとる

モルモットが名前を呼ぶと反応するようになってきたら、手渡しで餌を与えてみましょう。

受け取ってくれるようになったら、今度は手のひらを出してモルモットが乗ってくれるのを待ちます。

無理やり抱っこすると警戒心を与えてしまうので、向こうから接してくれるまで待ちます。

その日が駄目そうなら、また後日同じように接してみましょう。

手のひらに乗ってくれたら優しく抱っこします。

初めのうちのスキンシップは、長くても3~5分程度の時間に抑えて徐々に慣れさせていきましょう。

 

噛み癖に注意

モルモットは伸び続ける歯を削らなければならないのでいろんなものを齧ります。

飼い主さんに対しても甘噛みをしたり、時には『本気噛み』をする事があります。

甘噛みはモルモットの飼い主さんに対するスキンシップなので対処する必要はありませんが、本気噛みの時は痛みを伴うので避けたいですよね。

 

本気噛みはストレスが溜まっていたり、不安や恐怖を感じている時に起こる事が多いです。

また、ケージ内が汚れている事もストレスの原因になります。

モルモットに噛み癖を治すしつけはあまり効果がありません。

モルモットにとって噛むことは自然な事なので、叱っても叱られたことに気づかない場合が多いです。

『噛み癖はモルモットからの訴え』と考えて、噛んでしまった原因を探ってみましょう。

 

最後に

モルモットはなつくと飼い主さんに様々な可愛らしい姿を見せてくれます。

飼育に気を付けていれば10年以上生きる事もあり、長い間飼い主さんと同じ時間を過ごしてくれます。

飼い主さんにべったりとなついてくれるためには、飼い始めた最初が一番重要なので、接し方に気を付けてください。

 

 

 

関連記事

-モルモット

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.