フレンチブルドッグは飼いやすい?性格やしつけ方|毛色ごとの価格や寿命を徹底解説!

更新日:

【この記事は2~3分ほどで読み終わります。】

 

可愛らしい表情とがっしりした見た目が人気のフレンチブルドッグ。

しつけがしやすくて飼いやすいところも人気のポイントです。

この記事は、そんなフレンチブルドッグの性格と特徴、販売価格や寿命についてまとめさせて頂きました。

2~3分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

フレンチブルドッグの性格と特徴

フレンチブルドッグは友好的で活発な性格です。

飼い主さんや飼い主さんの家族はもちろん、初めて会う犬とでも仲良くなりやすい性格をしているので、多頭飼いに向いています。

がっちりとしていて強そうな見た目とは裏腹に中身はとても繊細で、すぐに傷ついたり落ち込んでしまうのも特徴です。

その見た目とのギャップもフレンチブルドッグの魅力の一つですが、しつけ方には注意しましょう。

 

フレンチブルドッグは、犬種開発のための交配に利用されてきたため、フレンチブルドッグと見た目が似た犬種が存在します。

例えばボストンテリアやパグが代表的です。

特にボストンテリアとは良く間違えられることがあります。

ボストンテリアは耳の先が尖っているのに対して、フレンチブルドッグは耳の先がやや丸みを帯びています。

 

▼ボストンテリアについてはこちらで詳しくまとめています。

 

✅ポイント

・フレンチブルドッグの性格は活発で友好的。

・見た目に対して中身はとても繊細。

・ボストンテリアとの違いは耳で判断できる。

 

フレンチブルドッグのしつけ方

もともと落ち着いた性格をしていますし、吠え癖も少ないのでしつけは他の犬種と比べて難易度は低めです。

フレンチブルドッグは陽気な性格をしているため、叱るよりも褒めるしつけ方をしましょう。

マイペースな面もあるため、飼い主さんが叱っても気が付かなかったり、気が付いたら落ち込んでしまったり、『叱るタイプ』のしつけ方はあまりむいていません。

 

フレンチブルドッグのしつけをするなら褒めて伸ばすか、天罰方式のしつけ方が効果的です。

天罰方式のしつけとは、愛犬が吠えた時に物を落として大きな音を出したり、犬の嫌がるスプレーをまく事で『吠える=嫌なことが起こる』と認識させて自発的にしつけを覚えさせる方法です。

天罰方式のしつけは、音を鳴らしているのが飼い主さんだと気づかれてはいけないので、天罰方式専用のしつけグッズを使うのも効果的です。

 

✅ポイント

・他の犬種よりも比較的しつけがしやすい。

・叱るしつけ方はあまり向いていない。

・褒めるか天罰方式を使ってしつける方が効果的。

 

毛色の種類ごとの価格

フレンチブルドッグの価格は25万円~50万円程です。

もちろん、ペットショップで購入するか、ブリーダーから購入するかによって価格は異なりますが、毛色や模様によっても価格は上下します。

比較的安価で購入ができて、数もたくさん揃えてる専門のブリーダーから購入するのがお得です。

フレンチブルドッグの毛色と模様については下記を参考にしてください。

 

ブリンドル

【価格相場:34万円】

フレンチブルドッグの中で最も人気が高いのがこの『ブリンドル』です。

黒ベースの毛色が特徴で、白い模様の入り方によって『エプロン』や『ソックス』など呼ばれ方が異なる場合があります。

 

クリーム

【価格相場:36万円】

全身クリーム色の個体を指します。

同じクリーム色でも濃淡が異なり、優しい色合いが特徴です。

クリーム色のフレンチブルドッグは、ジャパンケネルクラブで認められていないため、非公認のカラーとなっています。

それでも根強い人気があるため、ペットショップやブリーダーにも多く扱われています。

 

パイド

【価格相場:35万円】

白い体をベースに、ブリンドル(黒)やフォーン(茶色)が部分的に入ったタイプを指します。

個体によって模様の入り方が違うので個性が出やすいのが特徴です。

濃い茶色が差し色に入っている個体をフォーンパイド、薄い茶色が入っている個体をハニーパイドといいます。

 

フォーン

【価格相場:38万円】

フォーンとは小鹿の事なのですが、フレンチブルドッグのフォーンはその名前の通り、小鹿のような毛色が特徴です。

クリームと同じく色の濃淡が出やすいタイプで、口周りに黒い模様が出やすい傾向にあります。

 

✅模様のバリエーション

 

フレンチブルドッグの模様は無数に存在しますが、代表的なものは下の5つです。

購入前におさえておきましょう。

 

1.片パンチ

片目の周辺のみに黒い模様の付いたフレンチブルドッグを『片パンチ』といいます。

両目に入っていてパンダのような模様になっているフレンチブルドッグも人気ですが、そちらには名前は付いていません。

 

2.ブラックマスク

ブラックマスクはフォーンの模様の一種で、全身がフォーン(茶色)なのに対して顔だけが黒いのが特徴です。

常に困り顔や悲しい顔をしているように見られ、飼い主さんと楽しく遊んでる時も、大好きなご飯を食べている時もずっと困り顔。

このギャップが愛くるしいと根強い人気があります。

 

3.エプロン

その名前の通りブリンドル(黒)がエプロンをかけているかのように、胸周りだけ白く模様が入っているのが特徴です。

胸だけでなく全身いたる所に白が広がっている場合は、タイガーブリンドルと呼ばれています。

 

5.ソックス

足に差し色の白が入って、ブリンドルが靴下をはいたような見た目が特徴です。

エプロンと合わさって模様が出る事があります。

 

必要な飼育グッズ

フレンチブルドッグを迎える前に揃えておきたい最低限の飼育グッズは下の7つです。

 

サークル&ケージ

ベッド

食器

首輪&リード

フード&おやつ

トイレ用品

ブラシ

 

これらを全て買いそろえた場合は、大体4万円~10万円程になります。

高額な買い物になるので、購入の際は楽天ショップなどを利用するとポイントが付いてお得ですよ。

高評価のレビューがたくさん付いていて、不良品だった場合の返金対応などをしっかり行ってくれるショップを選びましょう。

 

フレンチブルドッグは抜け毛が多い犬種のため、毎日ブラッシングをする必要があるので、ブラシはなるべく使いやすいものを選んだ方が良いです。

フレンチブルドッグのような短頭種は暑さに弱く、熱中症になりやすいため室内で飼った方が長生きできます。

その場合、誤飲を防ぐためにも留守中はケージやサークルに入れておくようにしましょう。

 

▼良いケージの選び方と今人気の高いケージはこちらでまとめています。

 

飼育上の注意

フレンチブルドッグは他の犬種と比べてマズルが短いので病気になりやすい傾向があります。

特に下の病気はかかりやすいので気を付けなければなりません。

 

鼻腔狭窄

鼻腔狭窄とは、その名前の通り鼻腔が狭まってしまって呼吸が困難になる状態です。

鼻の穴が狭まったことで呼吸がしづらくなって、鼻を鳴らすような呼吸音になったり、呼吸の際に鼻水が飛ぶようになります。

その他にも呼吸が苦しそうなそぶりを見せる、舌が紫色になっているなどの症状が見られたらこの鼻腔狭窄になっている可能性があります。

 

熱中症

犬は人間とは違い、皮膚全体から汗をかいて体内の熱を放出する事ができません。

そのため、『ハッハッ』と舌を出して唾液を蒸発させることで体内の熱を放出しているのですが、マズルの短いフレンチブルドッグは放出できる面積が他の犬種と比べて少ないため、熱中症にかかりやすいと言われています。

夏はエアコンのある室内での飼育が必須です。

 

皮膚病

フレンチブルドッグは顔にシワが多いため、シワの間に汚れが溜まってしまうと、そこから細菌が繁殖して痒みを伴う皮膚病になります。

皮脂腺が活発な事も皮膚病になりやすい原因。

皮膚病の一番の対策は体を清潔にしてあげる事です。

月に1~2回はお風呂に入れてあげて、顔周りが汚れていたら濡れたタオルで拭き取ってあげましょう。

 

フレンチブルドッグの寿命

フレンチブルドッグの平均寿命は10年~14年です。

これは小型犬の中では少し短めで、その原因はやはり病気にかかりやすいことだと言われています。

つまり病気にさえ気を付けていれば、平均寿命以上に長生きさせることは十分に可能です。

ちなみに、日本では20歳まで長生きしたフレンチブルドッグもいます。

 

最後に

フレンチブルドッグは愛らしい見た目と陽気な振る舞いで、居るだけで家庭を明るくしてくれます。

人見知りもあまりしませんし、フレンドリーな性格をしているので、子供が居る家庭でも活躍しますよ。

当ブログではフレンチブルドッグの他にも、様々なペット記事をまとめているので良かったら参考にしてください。

 

✅この記事のまとめ

・フレンチブルドッグは友好的で活発な性格。

・しつけは叱るよりも褒めて伸ばす方が効果的。

・フレンチブルドッグの販売価格は25万~50万円。

・マズルの短い犬種特有の病気には注意。

・フレンチブルドッグの平均寿命は10年~14年。

 

関連記事

-

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.