ラブラドールレトリバーの飼い方まとめ|性格や寿命は?飼うのが大変って本当?

更新日:

【この記事は2~3分ほどで読み終わります。】

 

ラブラドールレトリバーと言えば盲導犬として有名ですよね。

温厚で人懐っこい性格をしていますが、幼いうちは飼育が少し大変とも言われています。

この記事は、ラブラドールレトリバーを飼うために必要なことをまとめさせて頂きました。

2~3分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

ラブラドールレトリバーの性格と特徴

ラブラドールレトリバーの性格は穏やかで優しく人懐っこいのが特徴です。

盲導犬として活躍している事からもわかるように、賢くて飼い主さんに従順な犬種。

しつけは比較的しやすい方で、教えた芸もどんどん覚えていきます。

飼い主さんや家族に限らず人が大好きなので、初対面の人ともすぐに仲良くなれます。

フレンドリー性格から多頭飼いにも向いているので、これから先多頭飼いを考えている方には適している犬種といえるでしょう。

また、ラブラドールレトリバーは毛色によって性格が若干異なる傾向があります。

 

イエロー

ラブラドールレトリバーの中で一番人気の高い毛色『イエロー』は、他の毛色と比べて落ち着いた性格をしている事が多いと言われています。

テレビやSNSでも一番目にする事が多い毛色なので、ラブラドールレトリバーと言われて最も連想しやすい毛色かと思います。

 

ブラック

ブラックカラーのラブラドールレトリバーもよく目にしますよね。

ブラックのラブラドールレトリバーは他の毛色と比べて活発な子が多い傾向にあります。

犬を飼ったら一緒にたっぷり遊びたいという方には一番向いている毛色ですね。

 

チョコレート

チョコレートカラーはイエローと比べて活発な性格をしています。

上の画像は比較的淡い色合いのチョコレートですが、もう少し黒に近いチョコレートカラーも存在します。

イエローやブラックと比べて見かける事は少ないですが、こちらも根強い人気があります。

 

●ポイント

・ラブラドールレトリバーは優しく穏やかで人懐っこい性格。

・従順で賢いのでしつけと芸は覚えやすい。

・フレンドリーな性格で多頭飼いに向いている犬種。

・毛色によって性格は若干異なる。

 

ラブラドールレトリバーの販売価格は?

ラブラドールレトリバーの販売価格は20万前後です。

ただし一番人気の高いイエローカラーは他の毛色と比べて価格が若干高めです。

股関節の検査済みだった場合は更に価格が高くなる事もありますが、購入価格の予算は20万~30万円程で考えておけば問題ないかと思います。

 

飼い初めに最低限必要な飼育グッズは下の6点です。

●ケージ&サークル(床材)

●食器

●フード

●おやつ

●首輪&リード

●トイレ&トイレ用品

 

全部そろえた時の価格は大体5万円から12万円程です。

高い買い物になるので、レビューなどを参考にしながら楽天ショップで購入するとポイントが付いてお得です。

飼育グッズの中で一番高価になるのがケージとサークルですが、妥協しないようにしましょう。

ラブラドールレトリバーは温厚で優しい性格ですが、生後2年程はやんちゃな時期です。

体高50センチ以上、体重30キロ前後と体格も良いので、粗悪な品を購入してしまうと壊れて買い替える事になってしまいます。

室外で飼うならもちろんですが、室内で飼う場合でもケージやサークルは必要です。

 

▼大型犬を飼うなら押さえておきたい人気ケージについては、こちらの記事で詳しくまとめています。

 

ラブラドールレトリバーの飼育上の注意

ラブラドールレトリバーに限らず、大型犬に多い病気の一つなのですが、『股関節形成不全』には注意しましょう。

股関節形成不全とは、その名前の通り股関節の形成に異常が起こり、発症するとまず歩行に異常が見られます。

痛みを伴うので、悪化すれば散歩の際に立ち止まって歩けなくなってしまう事もあります。

これは遺伝によっても左右されるのですが、肥満や成長期の激しい運動によって発症してしまう事もあります。

 

フードやおやつの与えすぎは避け、フードはなるべく愛犬の体に優しいものを選びましょう。

安価なフードは穀物を多く使っていたり、人口添加物を使用している事があります。

犬は人と違って穀物からとれる炭水化物の消化が苦手です。

▼当ブログおすすめのフードは下記の記事でまとめているので、良かったら読んでみてください。

 

●ポイント

・餌の与えすぎ、成長期の過剰な運動は避ける。

・歩き方に違和感を覚えたら股関節形成不全の可能性がある。

・フード選びは成分に注意。

 

ラブラドールレトリバーの寿命は?

ラブラドールレトリバーの平均寿命は12年と言われています。

これは大型犬の中では比較的長寿な部類に入ります。

毛色によっても寿命は異なり、チョコレートカラーのラブラドールレトリバーは平均寿命が10年程と他の毛色と比べてやや短命です。

チョコレートカラーのラブラドールレトリバーは統計上、耳の病気や皮膚病に感染する可能性が他の2色と比べて格段に高いのだそうです。

皮膚病を避けるためにストレスサインや衛生面の管理、適切な食生活を守りましょう。

 

最後に

ラブラドールレトリバーは大型犬の中では比較的飼いやすい犬種です。

ただし、生後1~2年まではやんちゃな時期が続くので、落ち着くまでは少し飼育に苦労をするかもしれません。

イタズラや脱走を防ぐためにもケージやサークルの準備は必要です。

賢い犬種なので、しつけをすれば飼い主さんの言いつけを良く守ってくれます。

 

●この記事のまとめ

・ラブラドールレトリバーは優しく温厚で賢い。

・しつけがしやすい犬種。

・毛色によって性格が若干異なる。

・販売価格は20万円前後。

・ケージは頑丈で壊れにくいものを選ぶ必要がある。

・過剰な運動と肥満に注意。

・平均寿命は12年。(チョコレートカラーは10年程)

 

関連記事

-

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.