小豆柴の飼い方!可愛すぎる小豆柴の性格や特徴・成犬の大きさや販売価格まとめ

更新日:

 

豆柴よりももっと小さな犬種の小豆柴は、その姿が愛らしすぎると人気を集めています。

小豆柴は成犬になっても24センチ以下なので、ずっと仔犬のようにも見え、理想の小型犬とも言われています。

この記事では、そんな小豆柴を飼うために必要な事と性格・特徴、販売価格などをご紹介させて頂きたいと思います。

2~3分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

小豆柴ってどんな犬?

画像引用元:https://mameshiba.min-breeder.com

小豆柴は世界一小さな柴犬と言われていて、最近メディアでも取り上げられるようになっている人気急上昇中の犬種です。

一般的な柴犬のサイズは40センチ前後、豆柴のサイズが30センチ~40センチ、小豆柴は24センチ以下と言われています。

他の犬種だとチワワにサイズが近く、小型犬のなかでも小さい部類に入ります。

▲こちらは小豆柴の仔犬の動画です。

手のひらの上にすっぽり納まってしまう小さな体とちょこまかと動き回る仕草がとても愛らしいですね。

 

●ポイント

・小豆柴は柴犬の種類の中でも一番小さい。

・小豆柴の仔犬は手のひらサイズ。

 

小豆柴は賢くて飼い主さんに忠実

画像引用元:https://www.azukishiba-no-sato.com

小豆柴と柴犬の違いはサイズだけです。

小豆柴も柴犬と同じように飼い主さんに忠実で一途です。

少し神経質で頑固な面があるので、心を許していない人に対しては警戒して近寄っていきません。

忠誠心が強いので、一度自分のリーダーと認めた相手に対しては従順になり、良く懐きます。

 

●ポイント

・小豆柴の性格は柴犬と同じ。

・小豆柴は忠誠心が強くて一途。

 

小豆柴の特徴は?

画像引用元:http://www.kosuzu.com

小豆柴はまだ公的機関で認定がされていないので、公式では小豆柴も豆しばも柴犬に分類されています。

そのため小豆柴の明確な基準は存在しないので、その犬が小豆柴かどうかというのはブリーダーによって若干判断が異なります。

毛色の種類は柴犬と同じで、赤毛・黒毛・胡麻毛が主流です。

 

赤毛

画像引用元:https://www.mame-shiba-inu.com

キツネ色とも呼ばれていて最もポピュラーな毛色です。

お腹や胸周りが白毛に覆われていて、仔犬のうちは白毛と赤毛の部分の境目があいまいですが、成犬に近づくにつれてはっきりとしてきます。

 

黒毛

画像引用元:https://www.mame-shiba-inu.com

黒毛は赤毛に続いて人気が高く、日本で流通している毛色です。

通称『マロ眉』と呼ばれている白い眉毛が特徴的で、多くの方に親しまれています。

 

胡麻毛

画像引用元:https://www.mame-shiba-inu.com

胡麻毛は赤毛・黒毛・白毛の3色が混ざり合った毛色です。

赤毛の割合が多ければ赤胡麻、黒毛が多ければ黒胡麻と呼ばれる事もあります。

胡麻毛は赤毛、黒毛と比べて数が少なく、やや珍しい毛色とされています。

 

白毛

画像引用元:http://mameshiba.in

その名前の通り全身真っ白な毛色の小豆柴。

人気が高いのですが希少なので、価格は赤毛や黒毛と比べて高くなることが多いです。

 

小豆柴の価格は?

画像引用元:http://www.kosuzu.com

小豆柴の購入価格は25万円~50万円程です。

普通の柴犬と比べて小豆柴は珍しい犬種なので、価格は少し高めになります。

珍しい毛色だったり良質な血統だった場合は、50万円を超える事もあります。

小豆柴はペットショップで見かける事はほぼないので、専門のブリーダーさんから購入する方が多いです。

 

秋葉原の小豆カフェってなに?

画像引用元:https://do-cca.com

話題の小豆柴と触れ合えるカフェとして今注目を集めているのが、秋葉原と岡山にある『小豆柴の里』です。

こちらの小豆柴の里では、小豆柴の他にも『豆柴』と『極小豆柴』も居て、実際にサイズの違いも見られるのでこれから小豆柴を飼ってみたいという方にオススメです。

入場料は大人一人1100円(時間制限30分)で、子供なら880円になります。

抱き上げるのは禁止ですが、人懐こい子は自分からこちらへ来てくれますよ。

予約は取れないので平日の空いてそうな時間帯が一番入場しやすいです。

 

詳しい情報は公式ホームページに記載されています。

 

小豆柴を飼う前の注意点

画像引用元:https://do-cca.com

小豆柴だと思って購入したら極小豆柴や豆柴だった、という事は稀に起こってしまいます。

また、成犬になったら毛色が変わってしまったという事はよくある事です。

ブリーダーショップのホームページをチェックしてレビューや親犬、兄弟犬を確認しておきましょう。

それである程度はその小豆柴の成長した姿が想像できるはずです。

 

小豆柴は室内で飼われる事が多いのですが、室内は犬が食べたら危険なものがたくさんです。

特に小型犬は大型犬に比べて、少量で中毒症状を起こしてしまいます。

小豆柴を飼う前にケージなどの飼育グッズをあらかじめ揃えておきましょう。

 

今人気の高い小型犬用のケージまとめ記事はこちら。

 

最後に

小豆柴は平均寿命が15年と、比較的長生きする犬種です。

愛情を持って接すれば、飼い主さんの事を一途に慕ってくれるので飼い主さんの最良のパートナーにもなります。

このブログでは、小豆柴の他に人気の高い犬種をまとめています。

どの犬を飼おうか検討中の方は、ぜひ他の記事も呼んでみてください。

 

●この記事のまとめ

・小豆柴は柴犬の中で最も小さい種類。

・小豆柴は公式機関で認定された犬種ではないため、まだ基準があいまい。

・ペットショップでは売られていないので、ブリーダーさんの所で購入する。

・性格は一途で従順。

・販売価格は25万円~50万円くらい。

 

関連記事

-

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.