フェレット

【1分で解る】フェレットの鳴き声一覧!鳴き声でフェレットの気持ちが全て解ります

更新日:

 

あまり鳴き声をあげる事のない事で知られているペットのフェレット。

そんなフェレットが急に鳴き声をあげたとき、それはフェレットからのメッセージが込められているのです。

この記事では、フェレットの鳴き声を感情別にまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

嬉しい時

✅鳴き方

・コッコッ

・クックッ

 

『コッコッ』『クックッ』と小さく喉を鳴らすような声を出すときは、フェレットが楽しんでいたり、喜んでいる時のサインです。

飼い主さんと遊んでいる時にこの様な鳴き声をする事が多いです。

たまに後ずさりながら『クックッ』と鳴いて逃げていくことがありますが、これは嫌がっているのではなく、もっと遊んで欲しくて誘っているのです。

追いかけてたくさん遊んであげましょう。

 

更に気分が上がって上機嫌になるとピョンピョンと飛び跳ねるようになります。

これは『フェレットダンス』と呼ばれており、飼い主さんと遊ぶことに夢中になっている表れです。

おもちゃを使って遊んであげると見かけることが多くなりますよ。

 

不機嫌な時

✅鳴き方

・ククク

 

低い声で『ククク』と鳴く時は何かに対して不満を抱いているサインです。

これは楽しい時のクックッとは違って、数分間ずっと途切れずに鳴き続けているのも特徴の一つです。

遊んでいる最中に接し方を間違えてしまった可能性はないでしょうか。

 

フェレットの事を構いすぎたり、コミュニケーション不足で退屈させてしまうとこの様に鳴くことがあります。

心当たりがないようであれば、飼育環境の何かしらを不満に思っている可能性も考えられます。

餌や運動量に問題がないか確認しましょう。

 

警戒している時

✅鳴き方

・シャーッ

・シューシュー

 

これはフェレットが何かに恐怖感を覚えて威嚇しているサインです。

もし外散歩をしている際にこの鳴き声をしたなら、周りに危険な事がないか確認をしてください。

犬や猫に対してはもちろん警戒をする事がありますが、初めて見るものに対しても同じように警戒をしてしまう事があります。

ストレスの原因になるので、外散歩中はなるべくそれらをフェレットの視界に入れないようにしましょう。

室内の見慣れないものに対しても『シャーッ』と鳴くことがあります。

特にお迎えしたばかりの頃は多いです。

 

驚いている時

✅鳴き方

・キーキー

・キューキュー

・キャーッ!!

 

『キーキー』『キューキュー』鳴き声をしている時は、フェレットが何かに驚いたサインです。

もし多頭飼いをしているなら喧嘩を起こしてしまった可能性があります。

急いでフェレットの安否を確認しに行きましょう。

 

『キャーッ』と大きな声で叫び声をあげた時は、突発的な痛みを感じたサインです。

例えばシーツなどで指の爪を引っかけて驚いた時もこのように鳴く場合があります。

痛みにより失禁している場合もあります。

これらの鳴き声を聞いた場合は、必ず原因を突き止め対処しましょう。

 

鳴き止ませるためには

フェレットに鳴く事を止めさせるため、怒る事は絶対にしてはいけません。

怒れば一時的に鳴き止むこともありますが、それは根本的な原因の解決にはなっていませんし、飼い主さんとフェレットとの信頼関係を壊してしまうでしょう。

鳴き止ませるためには、原因を特定して解決する必要があります。

 

特に赤ちゃんフェレットや家にお迎えしたばかりのフェレットは寂しさや不安で鳴いてしまう事がありますが、これは仕方がない事です。

フェレットの場合は鳴き癖を抑えるしつけをするよりも、鳴いている理由を突き止めて改善してあげる方が良いでしょう。

 

最後に

フェレットは基本的に鳴き声が多い動物ではありません。

そんなフェレットが鳴き声をあげるときは、飼い主さんに送るメッセージでもあります。

特に聞きなれない鳴き声をしたときは注目してみましょう。

フェレットが鳴き声を覚えれば、今何を考えているかが解りやすくなり、仲良くなるための近道になります。

 

 

 

関連記事

-フェレット

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.