フェレット

【1分で解る】フェレットの冬対策方法!安全に越冬するために必要な事は?

更新日:

 

フェレットの身を守るための冬対策はどのようなものがあるのでしょう。

夏対策はもはやエアコン一択と言っても過言ではないくらいですが、冬は必要な飼育グッズさえ揃えてしまえばエアコンは必要ありません。

この記事では、フェレットが安全に冬を越すために必要な事についてまとめさせて頂きたいと思います。

 


ADVERTISEMENT


 

夏ほど室温を気にしなくてもOK

フェレットは寒さにはある程度強いため、極端に寒い環境でなければ、暖房がなくとも生きていくことができます。

むしろ暖房を使ったことによる温度の上がりすぎに注意が必要でしょう。

 

例えばエアコンを使うのであれば、常に一定の温度にしておかないと風邪の原因になりますし、電気ストーブは火事の危険があるためフル稼働させるのは危険ですよね。

効果的に冬対策をするなら、フェレットのケージ内とその周辺に防寒グッズを置く必要があります。

 

必要な防寒グッズは?

用意しておきたいものは冬用の寝床です。

例えばハンモックであれば、夏用のものと冬用のものがあるので、季節ごとに分けましょう。

ペットヒーターは必須とまでは言えませんが、あれば便利です。

 

●冬用ハンモック

 

春夏秋は夏用のハンモックで生活する事ができますが、冬は必ず冬用ハンモックを使用しましょう。

冬用ハンモックを選ぶ基準としては、防寒性の高さ・肌触りの良さを重視しましょう。

更に寝袋にもなるタイプのものだと、更にフェレットのお気に入りになる可能性が高まります。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウィンターモック【秋用】【冬用】 フェレット ハンモック 寝袋
価格:1944円(税込、送料別) (2019/3/15時点)

楽天で購入

 

 

●ペットヒーター

 

ペットヒーターは火事の危険性が低いもの、部屋を乾燥させないもの、熱を持ちすぎないもの、この3つが重要になってくるでしょう。

触って火傷をしてしまうようなヒーターは避けるべきですし、室内を乾燥させてしまうようであれば、フェレットが病気になってしまうリスクがあります。

選ぶのであれば、温度が高くなりすぎないタイプの遠赤外線ペットヒーターをおすすめします。

上の動画では遠赤外線ヒーターを使用した時のフェレットの反応を紹介されているようです。

ガツンっと暖かくするよりは、ほんのりと暖かくした方が仲間と寄り添ったような優しい暖かさになって好評なようですね。

 

●涼しい場所

 

暖房を使った影響で部屋が暖まりすぎてしまった時に、フェレットが逃げ込めるスペースがあると、より快適に冬を過ごす事ができます。

 

乾燥に注意

室温の他に冬に気を付けなければならない事と言えば、やはり乾燥ですよね。

フェレットが快適に過ごせる湿度は45度~55度です。

ケージ周辺に湿度計を置いて湿度を1日1度はチェックしましょう。

ケージ周辺の狭い範囲のみを加湿するなら100円ショップの紙製加湿器も効果的です。

 

最後に

冬の寒さ対策は夏と比べて重要度は低いですが、油断することによって思わぬ病気に繋がることも少なくはありません。

寝床の冬支度や乾燥対策などを済ませ、安全に冬を乗り切りましょう。

 

 

 

関連記事

-フェレット

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.