フェレット

フェレットにとって理想的なケージはコレ!今話題のおすすめケージ4選

更新日:

 

フェレットが1日の大半の時間を過ごすのはケージの中です。

ですがケージ選びといっても様々なものがあり、どれにしたら良いのか迷ってしまいますよね。

この記事では、理想のケージ選びのポイントと、今話題になっているおすすめケージを4選ご紹介させて頂きたいと思います。

 


ADVERTISEMENT


 

住みやすいケージの4原則

まずケージを選ぶ前に、この4つのチェックポイントを覚えておいてください。

 

1.十分な広さがある事。

2.床に金網を使用していない事。

3.出入りが簡単にできる事。

4.手入れが簡単な事。

 

十分な広さがあること、これは欠かせません。

高さよりも広さを重視し、遊具やトイレを設置しても余裕があるくらいが望ましいです。

 

次に床に金網を使用していないこと。

金網仕様の床だと、フェレットが足先を引っかけてケガをする危険がありますし、お手入れも大変です。

金網が外せる仕様になっているか、平らなタイプの床が理想です。

 

続いて出入口がやや広めなこと。

フェレットの寿命は6年~10年ありますが、約4歳から老齢期に入ります。

高齢になっても住みやすいという点は、良いケージ選びの絶対条件です。

 

最後に手入れがしやすいこと。

ケージ内を清潔に保つためには、掃除をどれだけ楽に済ませられるかが重要になってきます。

分解が簡単であったり、手を突っ込んで掃除をできるような形状になっているケージを選びましょう。

 

それでは続いて、これらの前提条件をクリアしていて、尚且つ人気の高いケージを4つご紹介させて頂きたいと思います。

 

1.マルカンのクリアケージM

 

ハイスペックでなおかつ低価格。

ケージ選びで迷ったらとりあえずこれを買って置けば間違いないと思います。

幅82センチ、奥行56センチという広さに加えてロフト付き。

おしっこの飛び散りを防ぐためのクリアケージが付いていて、出入り口もかなり広いです。

床面は引き出しタイプになっていて掃除が簡単な上、キャスター付きなのでケージ周辺の掃除も簡単。

 

2.三晃商会のイージーホーム・エボ80

 

やはり三晃商会さんの商品はとっても優秀です。

シンプルでスタイリッシュなデザインに加えて、2分割された引き出しトレイ付き。

更にコーナーと周囲に傾斜が作られており、それによって汚れを確実にトレイに落とせるという特殊加工付き。

これは三晃商会さんだけの特許なのだそうです。

 

3.三晃商会のワイルドホーム

 

上と同じく三晃商会さんのワイルドホームです。

広いケージと出入り口でフェレットが快適に過ごせます。

更にこのケージの長所は、四隅に付いたバリケードと組み立てが簡単なことです。

おしっこなどの汚れの飛び散りを防ぎ、簡単に分解できるので手入れもラク。

分解してしまえばかさばらないので、フェレットとの旅行のお供にもなります。

 

4.マルカンのラビットケージ760

 

可愛らしいピンク色が特徴。

幅80センチ奥行57センチという申し分ない広さに加えて、汚れの飛び散りを防げるバリケード付き。

床面はペットに優しい木製すのこです。

 

最後に

フェレットはストレスに弱い生き物です。

そのため、1日の大半を過ごすケージの良し悪しは、健康面にも影響が出るほど重要なものです。

フェレットが長生きできるよう、ケージ選びには失敗のないようにしましょう。

 

 

 

関連記事

-フェレット

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.