フェレット

【3分で解る】フェレットの値段と種類、その性格について

更新日:

 

一口にフェレットと言っても種類は様々で、種類によって値段も違いますし、見た目も飼いやすさも違ってきます。

フェレットを飼うのが初めてで、べったりと甘えて欲しいのであれば、種類選びには気を付けなければなりません。

この記事では、フェレットの種類と種類ごとの値段と性格についてご紹介させて頂きたいと思います。

 


ADVERTISEMENT


 

初めて飼うならおすすめの種類

初めてフェレットを飼うならマーシャルフェレットという種類がおすすめです。

マーシャルフェレットは日本で一番ポピュラーな種類なのですが、穏やかで大人しいのが特徴で、噛み癖もほとんどありません。

 

意外とフェレットの噛む力って強いので、コミュニケーションを取るさいは噛み癖の有無はかなり重要になってきます。

人懐っこくて手を出せば寄ってくるようなイメージを持ってフェレットが飼いたいと感じているのであれば、このマーシャルフェレットが一番理想に近いのではないかと思います。

 

フェレットの種類

もちろん個体差はありますが、種類によって性格や特徴は大きく変わってきます。

なつきやすかったり、とにかく元気だったり、色がきれいだったり、体が大きかったり。

最も自分に合ったフェレットを選びましょう。

 

マーシャルフェレット

画像引用元:marshallenterprisejapan.com

【価格:4万円~6万円程】

 

マーシャルフェレットは上記でもご紹介させて頂きましたが、『初心者が最も飼いやすい種類』です。

すらっとした顔と体が特徴のフェレットで、雑誌などのモデルになることも多く、フェレットと聞くとこの種類を連想する方も多いのではないでしょうか。

 

大きくなると体長は30センチ~40センチ程になり、フェレットの中では平均的です。

 

カナディアンフェレット

画像引用元:https://pet-dictionary.net

【価格:1万円~2万円程】

 

体が大きく、とても元気の良い種類。

体長は35センチ~45センチ程になり、マーシャルフェレットよりも一回り大きなサイズです。

 

丸い顔も特徴的で愛らしい顔をしているのですが、噛み癖が強く、行動もパワフルなのでしつけには若干苦労します。

 

パスバレーフェレット

画像引用元:https://petnokoe.com

【価格:3万円~5万円程】

 

パスバレーフェレットは何といってもそのカラーバリエーションが魅力的。

シルバー・ブラウン・オレンジ・ホワイトなど、色合いに一目ぼれをしてこのパスバレーフェレットを飼うようになったという方も多いはずです。

 

マーシャルフェレットと比べればやや噛み癖はありますが、フェレットの中では比較的大人しめな性格をしています。

体長は33センチ~38センチ程。

 

ニュージーランドフェレット

画像引用元:https://haney.jp

【価格:6万円~8万円程】

 

カナディアンフェレットと並び、フェレットの中でもかなり大きな体を持つ種類です。

パンダ目が特徴的で世界的にファンも多いのですが、噛み癖が強くてなつくまでに少し時間がかかります。

また噛む力も強いので、初めてフェレットを飼うという方にはあまりオススメは出来ません。

 

アンゴラフェレット

画像引用元:https://ferret-marin.com

【価格:8万円~12万円程】

 

アンゴラフェレットとは突然変異で生まれた品種で、かなり希少性の高い品種です。

ふんわりとした毛並みが特徴的ですが、見た目に反して気性が荒く、噛み癖も強め。

 

飼育難易度はやや高めなので、フェレットの飼育に慣れてから飼いましょう。

 

もちろん個体差はあります

品種によって性格は大きく変わるものの、もちろん個体差があります。

例えば同じマーシャルフェレットの中でも、穏やかな性格の子もいれば、元気で活発な子もいますし、顔も違います。

フェレットを購入する際は、1店舗のペットショップで決めるよりも、複数店見て回って、自分が一番気に入る子を探しましょう。

 

最後に

フェレットは種類によって値段も性格も大きさも変わります。

小動物の飼育に慣れていなければ、なるべく大人しい個体がおすすめです。

特に噛み癖を治せるかどうかはかなり重要な問題になってくるので、初めのフェレット選びには十分注意しましょう。

 

 

 

関連記事

-フェレット

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.