ハリネズミ

【3分で解る】ハリネズミの飼育グッズの選び方!失敗しないコツと臭い対策は?

更新日:

 

ハリネズミの飼育グッズは様々なものがあります。

扱いづらい飼育グッズを最初に選んでしまうと、手入れが大変だったり、ハリネズミにストレスを与えてしまう事があるので気を付けましょう。

この記事では、ハリネズミが過ごしやすくて手入れも簡単な飼育グッズと、臭い対策に必要なことについてまとめさせて頂きたいと思います。

 


ADVERTISEMENT


 

飼育に必要なものって何?

ケージ敷材食器遊具手袋

 

基本的にはこの6つさえあれば飼育が可能です。

それでは、これらを選ぶ際の注意点とおすすめグッズをざっくりとご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

1.ケージ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハリネズミ専用大型ケージ マルカン casa マルチケージ690 おしゃれ【大型商品】
価格:7580円(税込、送料別) (2019/4/20時点)

楽天で購入

 

 

ケージをは大きく分ければ、金網タイプとアクリルタイプの2つに分けることが出来ます。

どちらにもメリットデメリットは存在します。

金網タイプは通気性が良く、夏場は快適に過ごすことが出来ます。

アクリルタイプは見通しが良く、ハリネズミの行動を見守りやすいです。

 

金網タイプは、足を底に引っ掛ける危険があるので、上の商品のように底がプラスチック製になっている物がお勧めです。

ケージを選ぶ際は掃除がしやすいかというのも重要なポイント。

分解が簡単に出来たり下に引き出しが付いているものが便利です。

 

それからケージの網目の大きさにも注意をしましょう。

網目が大きすぎると隙間からハリネズミが脱走してしまいます。

ハリネズミの体って意外と柔らかいので、一見大丈夫そうに見えても通り抜けられてしまう事があります。

 

▼実際にハリネズミが脱走している場面を撮影している動画です。

 

2.敷材

 

床の上に使用する敷材は木材チップが一般的ですが、利便性を重視するなら敷材の代わりにペットシーツを敷き詰める方法がとっても便利です。

というのも、ハリネズミはトイレのしつけが難しく、いたる所で糞やおしっこをしてしまうので、木製チップなども頻繁に変える必要があるのです。

その点ペットシーツであれば、汚れたら新しいものに交換するだけで掃除が済んでしまいますし、コスパ的にもかなり良いです。

 

3.食器

 

餌入れはサイズが大きすぎず丸みを帯びた物、給水機は量が入り飲みやすいものを選びましょう。

ハリネズミはあまり視力が良くないので、お皿の端が尖っていたりすると、噛んで怪我をしてしまう事があります。

 

4.

 

ハリネズミ用の餌は、メインはハリネズミ専用フード、おやつとしてミルワームなどを選びましょう。

ハリネズミは偏食になりがちで急に特定の餌を食べなくなってしまう事があるので、メインとなるフードは数種類用意しておくことをお勧めいたします。

おやつはミルワームパウダーを買っておくと、メインフードを食べなくなってしまった時にとても便利です。

 

虫がどうしても苦手だという方はハリネズミ専用のマシュマロなどを購入しましょう。

▼ハリネズミはおやつが大好きです。

ハリネズミはモグラの仲間なので目があまり見えません。

その代わり嗅覚が優れているので、おやつを近づけるとこんな風にクンクンさせて喜ぶのです。

とっても可愛らしい動画なので、時間のある方は見てみてください。

 

▼ハリネズミのおすすめフードの記事はこちら。

 

▼ハリネズミのおすすめおやつの記事はこちら。

 

5.遊具

 

 

遊具には回し車やトンネルなどがあり、特に回し車の選び方には注意が必要です。

というのも、ハリネズミは糞を決まったところでする習性がないので、回し車で運動していると腸が活性化され、回し車の上で糞をしてしまったりします

 

それを踏みながら回し車を回し続けるので、ハリネズミの手足はどんどん汚れていってしまうのです。

こういった金網タイプの回し車ならある程度は糞が下に落ちてくれるので、汚れを軽減する事ができます。

 

ただし、まだ体の小さなハリネズミでは金網に足を引っかけてしまう危険があるので、使用は大きくなってからにしましょう。

 

6.手袋

 

意外と必要になってくるのがこの手袋です。

ハリネズミはイメージ通り針を逆立てるようにして警戒してくることがあります。

スキンシップをとっている際に、これをされてしまうとなかなか痛いんです。

というか、ケージに戻さなければならないのにずっと逆立てられていると、ハリネズミが落ち着くまでずっと待ってなければならなかったり。

 

軍手などでは全然針が貫通してくるので、こういったハリネズミ専用の手袋を着用する事をおすすめ致します。

慣れればコミュニケーション中に針を立てる事はなくなるので、仲良くなれるまでの我慢ですね。

 

ハリネズミの臭い対策

ハリネズミの臭い対策についてですが、ハリネズミは基本的に体臭が無臭に近いので、ケージをある程度清潔にしておけば臭う事はほとんどありません。

臭い対策をする上でもケージ内の手入れの簡単さというのはとても重要なのです。

 

最後に

ハリネズミの飼育は必要な事さえ覚えてしまえばあまり難しくはありません。

ですが不便な飼育グッズを選んでしまえば手間が増え、飼育の難易度すらも変わってしまう事があります。

ハリネズミの飼育グッズ選びには十分注意しましょう。

 

●この記事のまとめ

・ケージは安全で掃除のしやすいものがおすすめ。

・敷材の代わりにペットシーツを使うと便利。

・食器は丸みを帯びたものが安全。

・フードは複数用意する。

・回し車は静かで糞が挟まりにくく、安全性の高いものを選ぶ。

・手袋はあったほうが便利。

 

 

 

関連記事

-ハリネズミ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.