ハリネズミ

【3分で解る】ハリネズミのお風呂の入り方!メリットと注意点まとめ

更新日:

 

ハリネズミはお風呂に入れても大丈夫なのでしょうか。

結論から先に言うと、入っても入らなくても大丈夫です。

ただしお風呂に入る事にはメリットもあるので、体の汚れがひどくなりすぎた場合はお風呂に入れてあげましょう。

この記事ではハリネズミのお風呂の入り方と注意点についてご紹介させて頂きたいと思います。

 


ADVERTISEMENT


 

お風呂に入るメリット

ハリネズミのフードは基本的にふやかしたものですし、糞などは不規則な場所にしてしまうので、それらを踏んでしまい、体が汚れてしまう事は多々あります。

ウェットティッシュなどでサッと拭き取れれば良いのですが、がっつりとこびりついてしまっていた場合は難しいですよね。

 

体が不衛生なまま放置してしまうと皮膚トラブルにも繋がってしまいますし、入浴する事でノミやダニなどもある程度落とすことは可能です。

 

ノミやダニによる痒みはハリネズミにストレスを与え、それによる脱毛などのトラブルも起こりえますので、定期的にお風呂に入れて落としてあげることは、皮膚トラブル対策として有効です。

 

お風呂の入り方

お風呂に入る際に必要なものは、

 

●体がすっぽり収まるくらいの洗面器

●専用のシャンプー

●目の柔らかなブラシ

●ドライ用のタオル

 

この4つです。

 

お風呂の準備が整ったら洗面器に浅く、人肌程度の温度のお湯を入れ、後ろ足からゆっくりと入浴させましょう。

ハリネズミがお湯に慣れてきたら、ゆっくりと背中部分など、まだお湯がかかっていない場所にお湯を手ですくってかけてあげます。

全身が濡れたら、ブラシにシャンプーをなじませ、優しく洗ってあげます。

サッと洗い終わったら、洗面器のお湯を変えてシャンプー剤が落ちるまで洗い流しましょう。

 

注意点

 

●お湯の温度

 

ハリネズミは体温の調節をすることが不得意です。

熱すぎず冷たすぎず、人肌程度の温かさのお湯を使用しましょう。

特にハリネズミのお腹部分は皮膚が弱くデリケートなので注意が必要です。

 

●お風呂の強要はしない

 

もともとハリネズミは水浴びをする習性はありません。

なので中にはどうしてもお風呂に慣れることが出来ない個体はいるのです。

しばらく経ってもお風呂を嫌がるようであれば、砂浴びやウェットタオルなどでのふき取りを定期的に行う事で綺麗にしてあげましょう。

 

●頻繁にお風呂に入れない

 

お風呂はハリネズミの体に負担をかけてしまいます。

一度お風呂に入れたら少なくとも1カ月は期間を置く必要があります。

普段はウェットタオルでのふき取りで綺麗にして、それでも汚れがひどくなった場合にのみお風呂にいれましょう。

 

最後に

ハリネズミをお風呂に入れる事のメリットはもちろんありますが、それに伴うリスクもあります。

汚れがガチガチに固まる前であればお風呂に入れなくともウェットタオルで拭き取ることは十分可能です。

ケージ内もこまめに掃除する事で、汚れがハリネズミに付着する事を防ぐことが出来ます。

定期的にお風呂に入れるよりは、汚れが付着する原因を軽減させてあげることをおすすめします。

 

 

 

関連記事

-ハリネズミ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.