ハリネズミ

【3分で解る】ハリネズミがなつく方法!失敗しない飼い方まとめ

更新日:

 

ハリネズミは警戒心が強く臆病な生き物なので、基本的にはなつくまでに時間がかかります。

べったりなついてくれるまでに警戒させるような行動を起こしてしまうと、信頼関係を壊してしまい、なつくまでに更に長い時間が必要となってくる場合もあります。

そこでこの記事では、ハリネズミを懐かせるために取るべき行動を4つご紹介させて頂きたいと思います。

 


ADVERTISEMENT


 

1.ストレスを与えない

まずはハリネズミのストレスの原因となるものを取り除きましょう。

常にリラックス状態であれば、自然と飼い主さんと打ち解ける時間も短くなってきます。

 

具体的には、

 

●昼間はしっかりと寝かせる事

●無理にコミュニケーションを取りすぎない事

●回し車などを設置して運動させる事

 

この3点のみ気を付けていれば、ある程度はストレスを溜めることなくハリネズミが生活できます。

 

ハリネズミは夜行性の生き物なので、昼間に起こしてしまうような行動は避けましょう。

コミュニケーションをとる際は、触りすぎずハリネズミのペースに合わせて短時間で終わらせることも懐いてもらうためには有効です。

回し車での運動や砂浴びはハリネズミのストレス解消にとっても有効なので絶対に取り入れましょう。

 

2.匂いを覚えてもらう

ハリネズミを懐かせる上で、飼い主さんの匂いを覚えてもらう事は絶対条件です。

もちろん過度なコミュニケーションの取り方はNGですが、出来る限り毎日ハリネズミと接するようにしましょう。

 

飼い主さんと接する時間を楽しい時間とハリネズミが認識してくれなければ、なつくことは絶対にありません。

それにハリネズミが病気にかかった場合、コミュニケーションを取るなどの行動を起こさなければ、病気に気づく事は難しいのです。

 

短時間でもよいので、1日に1度は必ずハリネズミと接する時間を作りましょう。

 

3.おやつを上手く利用する

飼い主さんとスキンシップをとる時間を楽しいもの、嬉しい物と認識して貰うためには、おやつを上手に利用する事が効果的です。

ケージから出してコミュニケーションを取るさいに、少量のおやつを与えることで、『飼い主さんと遊ぶ時間は嬉しい時間』とハリネズミが認識してくれるようになります。

 

もちろんおやつの与えすぎはハリネズミの食事のバランスを壊してしまう危険がありますし、肥満にも繋がるので厳禁ですが、適量であればむしろ健康面でもプラスです。

 

ハリネズミのおやつとして代表的なものはミルワームなどの虫ですが、虫が苦手でしたらハリネズミ専用のマシュマロなども販売されていますし、人間用の食べ物であればササミなどもおやつになります。

 

ハリネズミのおやつについては下の記事でまとめているので、良かったら参考にしてください。

ハリネズミに与えたいおやつは?ミルワームがおすすめされている理由

 

4.怖がらせない

これも早くなついてもらうためには絶対条件の一つです。

ハリネズミが飼い主さんに心を許しかけていたとしても、一度怖がらせてしまえば信頼関係が崩れてしまい、またなついてくれるまでに更に時間がかかってしまいます。

 

例えば、ハリネズミの視界の外から触る、大きな物音をたてるなどの行為は控えましょう。

 

ハリネズミは警戒心がとても強い生き物なので、視界の外から急に触ってしまうと驚いてしまいます。

コミュニケーションを取るさいは、必ずハリネズミの視界に入ってから優しく触ってあげてください。

 

大きな物音をたてないというのは、生活音も含まれるのでなかなか難しい事ではあるのですが、なるべくハリネズミの近くで音を鳴らさないよう意識しましょう。

特にビニール傘のバサバサする音など、ハリネズミの聞きなれない音は警戒心を高めてしまいます。

 

最後に

ハリネズミは犬や猫のようにべったり懐いてくれるようなことはほとんどありません。

ですが慣れてくれればこちらに歩いてよってきてくれたり、手の上に乗ってくつろいだり、とっても可愛らしい行動を見せてくれます。

ハリネズミがなつくまでには個体差があるので、一概に何日で慣れるとは言えませんが、適切な行動さえとっていれば、なつく確率は高くなります。

 

 

 

関連記事

-ハリネズミ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.