犬は虫歯にならないというのは都市伝説?虫歯の原因と解決方法まとめ

更新日:

 

今まで犬は虫歯にならないので特にケアをしなくても良いと言われて来ましたが、最近ではその見方は変わりつつあります。

犬も全くケアをしなければ虫歯になることがあるのです。

この記事では愛犬が虫歯になった場合のリスクと原因解決方法についてまとめさせて頂きたいと思います。

 


ADVERTISEMENT


 

犬が虫歯になる理由

今まで犬が虫歯になりにくいと言われてきた理由はいくつかあります。

まず犬の唾液は人間の唾液と比べてアルカリ性が強いため、虫歯の原因となる酸を中和してくれる事。

それから固いものを噛まずに飲み込むため、歯に歯垢が付きにくいという点です。

 

ですが今は以前に比べて柔らかく嗜好性が高い餌なども増えたため、歯に食べかすが付きやすく、虫歯になる犬も増えてきているのだそうです。

 

なので以前までの犬は虫歯になりやすいという説は徐々に変わりつつあると言えますね。

ただし嗜好性の高い餌が増えた一方で虫歯対策になる餌も増えています。

 

犬が虫歯になるとどうなるの?

犬が虫歯になると人間と同じように歯が徐々に溶けていきます。

更に歯周病になるリスクも上がり、歯周病になると口の中に炎症ができ、食欲が減退してしまいうのです。

 

他にも歯が欠けたり、攻撃的になったり、歯肉から出血したり、愛犬の健康を脅かしてしまいます。

何としてでも虫歯になる前に予防をしたいですね。

 

虫歯を予防するには?

虫歯を効果的に予防するなら歯磨きをしてあげることが必要ですが、歯磨きに慣れさせるまでに時間がかかりますし、どうしても歯磨きが嫌って犬も居ますよね。

 

歯磨きが難しそうなら歯磨きガムや歯磨きシートなどのデンタルケア用品を使って予防をしましょう。

歯垢の除去ならデンタルケア用品だけでもある程度は可能です。

 

すでに虫歯になっていた場合

●餌を片側の歯で食べるようになった

●口臭がきつくなった

●頻繁に口周りを触るようになった

 

というような様子が見られた場合は虫歯になってしまった可能性があります。

すでに虫歯になってしまっていた場合は、虫歯になった部分を一度削り取るなどの処置が必要になってくるので、必ず動物病院へ連れて行きましょう。

 

最後に

現在はスーパーなどでも様々なおやつやフードを手軽に手に入れることができます。

愛犬の好みのフードを手軽に手に入れられるようになってとっても便利なのですが、きちんとデンタルケア用品を利用するなどして虫歯予防をしないと、大好きなフードも食べられなくなってしまう危険があります。

 

虫歯対策を心がけ、愛犬の歯の健康を保ちましょう。

 

関連記事

-

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.