チンチラ

チンチラ用ケージの選び方、レイアウトの注意点まとめ!

更新日:

 

近年人気急上昇中のペットチンチラ。

数年前と比べて知名度はグンと上がってきましたが、まだチンチラ用の飼育グッズを取り扱っている店舗は少なく、リスなどの似たペットとの兼用のものを取り扱っているショップがほとんどです。

それで代用が効くものもあるのですが、そうではないものがほとんどです。

この記事では、チンチラに適したケージと配置の際の注意点についてまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

チンチラが満足する2つのポイント

チンチラにとっての理想的なケージを作るためには、レイアウト以前に安全なケージ選びをしなければなりません。

そのために気を付ける点は大きく分けて2つです。

 

生活に充分な広さがあること

 

チンチラは立ち上がると意外と大きいので、幅60センチ、高さ80センチほどのケージを用意しましょう。

安価で買える小型ケージなども販売されているのですが、これはチンチラを病院などに連れて行く際に使うもので、普段用のケージには適していません。

回し車だけでも30センチ~40センチ程の大きさがあるので、ケージが小さいと巣箱や食器類すらも満足に入れられません。

 

ケージ内で怪我をしないか

 

小さな穴に歯を突っ込んでしまったり、足を挟んでしまい大けがを負ってしまう事のないよう、金網の網目が大きすぎないものを選びましょう。

また、金網状になっている床は掃除の際には便利なのですが、チンチラが足を引っかけてしまう危険があります。

 

床の金網は外してしまうか、金網の上に1枚の板を敷きましょう。

その上に敷材を置くのですが、敷材はチンチラが口に含んでも問題のない乾草やウッドチップが最適です。

 

レイアウトはどうしたら良いの?

ケージが整ったら次はレイアウトですが、こちらも安全面を重視した上で回し車、止まり木、トンネル、巣箱、餌箱などを入れましょう。

様々な種類がありますが、天然素材のものが望ましいです。

プラスチック製品などはチンチラが齧って食べてしまい、体調不良を起こす危険があるので避けましょう。

 

模様替えは程ほどに

 

一度決めたレイアウトを後から大きく変更してしまうと、チンチラが不安を感じてしまいます。

多少の変化であれば問題はないのですが、なるべく大きな変化は避けましょう。

 

特に回し車や止まり木などの位置を変更してしまうと、いつもと同じように動き回ることが出来ずに、思わぬ怪我をしてしまう事もあります。

 

必ずチンチラ用のものを選ぶ事

 

冒頭でも書かせて頂きましたが、チンチラ用の飼育グッズを取り扱っているショップは少なく、他の動物と兼用のものがあります。

ですがそれらはチンチラには適していないものもあるので注意しましょう。

 

例えばリス用の回し車はチンチラ用に使うには小さすぎます。

チンチラに適した回し車は、直径30センチ~40センチの足場に穴が開いていないものです。

 

砂浴び用の砂は必ずチンチラ用のものでなければなりません。

粒子が細かく、殺菌された清潔な砂を使いましょう。

 

最後に

チンチラが生活する時間のほとんどはケージの中です。

チンチラが長生きするためにはケージ内を快適な空間にする事は必要不可欠だといえます。

チンチラとの楽しいペットライフを送るため、チンチラがのびのびと暮らせる空間作りを行いましょう。

 

 

 

関連記事

-チンチラ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.