チンチラ

【3分で解る】チンチラの多頭飼いの注意点と飼育グッズまとめ

更新日:

 

ハムスターやウサギに似た容姿のチンチラ。

ハムスターやウサギの多頭飼いは良く聞きますが、チンチラの場合はどのようにしたら良いのでしょうか。

この記事では、チンチラを多頭飼いするための注意点とリスク、飼育グッズについてまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

多頭飼いは相性が重要!

チンチラのお友達探しであったり、繁殖が目的であったりと、多頭飼いをする目的はいろいろあると思いますが、どちらにしてもチンチラの多頭飼いはとても難しいという事を覚えておいてください。

 

まず犬や猫などの他の種類の動物との同居ですが、これは上手くいかないケースがとても多いです。

チンチラと他の動物が仲良くしている写真はネット上で見かける事もありますが、あれは少し稀なケースなのです。

 

チンチラ同士の多頭飼いをする場合であっても上手くいかないケースはあります。

仲良くなれるかどうかは性格の合う合わないで決まってしまう事が多く、相性の悪い相手とはいつまで経っても仲良くなれません。

 

ですが多頭飼いを成功させるための方法はいくつかあります。

まず、チンチラの同居を考えているのであれば、赤ちゃんのうちにした方が良いです。

 

他にも多頭飼いする上で注意しなければならない点はいくつかあり、方法を間違えてしまうとチンチラ同士の仲が険悪なものになってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

まずはお互いが慣れてから

 

いきなりチンチラたちを同じケージ内に入れてしまうのはかなり危険です。

まずはお家にお迎えしたばかりのチンチラたちが環境に馴染むまで隔離して飼育しましょう。

 

その後チンチラ同士のケージを近づけ、お互いに慣れさせつつ様子を見ます。

しばらく経ってチンチラ同士が興味を持ち始めてきたら同じケージに入れてみます。

 

この際にチンチラが威嚇し合う事がありますが、これはチンチラ同士がお互いの優位性を競い合っているだけなので、同居に失敗したわけではありません。

ただし一方のチンチラが攻撃しようとしていたら、その日はあきらめ、また後日同居にチャレンジしましょう。

 

チンチラ同士が仲良くなるまで根気強く見守ること、急ぎすぎない事が重要です。

 

オスとメスの同居は要注意

 

オスとメスの同居は更に注意が必要です。

チンチラはオスよりメスのほうが強く、メスのチンチラがオスのチンチラに怪我を負わせてしまう事があります。

なので繁殖させるための同居ならメスのチンチラにどれだけストレスを与えないかが重要になるのです。

 

しばらく経ってもチンチラ同士が不仲で、同居が難しいようであれば発情期のみ同じケージに入れるという手段もあります。

ただし激しい喧嘩に発展しないよう注意深く見守りましょう。

 

多頭飼いに必要なものは何?

多頭飼いする上で必要なものは充分な広さのある大型ケージです。

それからお見合いをする前にチンチラを隔離しておく用の中型のケージ。

他にも喧嘩した際にチンチラが逃げ込むことが出来る巣箱は必要です。

 

餌入れや給水機、回し車等もチンチラを隔離している時に使えるように、余分に用意しておいた方が良いでしょう。

 

多頭飼いのできる大型ケージは下の記事でまとめているので、良かったら読んでみてください。

チンチラにとって理想的なケージはコレ!今人気のおすすめケージ4選!

 

最後に

チンチラは鳴き声や歯ぎしりなどで飼い主さんに様々なメッセージを送っています。

飼っているチンチラの習性や好みなどがわかるようになれば、チンチラ同士が仲良くできているかも判断しやすくなり、チンチラをより安全に飼育する事ができます。

多頭飼いを成功させ、楽しいペットライフを送りましょう。

 

 

 

関連記事

-チンチラ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.