チンチラ

【要注意】チンチラの寝言、歯ぎしりは病気のサイン?放置は危険です!

更新日:

 

寝てるはずのチンチラが急に鳴きだした、なんて経験はありませんか?

とっても可愛らしい仕草ですが、実はこれにはチンチラからのメッセージが込められているのです。

また、歯ぎしりはチンチラが病気になってしまう前兆として鳴らすことがあるので注意が必要です。

この記事では、チンチラが寝言や歯ぎしりをする原因についてまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

寝言

チンチラの寝言はその鳴き方によってチンチラのストレス状態が解ります。

チンチラは比較的病気にかかりにくく強いペットと言われていますが、ストレスが原因となる病気に対してはとても弱いという一面も持ち合わせています。

 

また、チンチラは普段鳴き声を上げることは少なく、日中は寝ているので、夜ケージを覗いてみたらチンチラが病気になって倒れていたなんて事は良くある話です。

チンチラの寝言でチンチラのストレス状態を調べ、事前に対処したいですね。

 

『クー、クー』

 

この寝言をしている時はチンチラのストレス状態はとっても低く、かなりリラックスしています。

飼い主さんにも日頃から良くなついていているのではないでしょうか。

 

これは寝言だけでなく飼い主さんの膝の上でくつろいでいる時や、撫でてもらっている時にも見られますね。

 

『キュー、キュー』

 

チンチラがこの様な鳴き声を頻繁に鳴らすようになったら要注意。

この様に甲高い声で寝言をし始めたら、それは何かに強いストレスを感じているサインです。

 

室温や湿度、餌の種類や衛生面、砂浴びの頻度など、チンチラがストレスを感じていそうな事を探し、改善しましょう。

他にも回し車のサイズが合わなくなってしまった、などのストレス解消に役立つ遊具に不備が出てしまった可能性も考えられます。

 

『ワンッ』

 

『ワンッ』と犬の鳴き声のような音が聞こえたら風邪をひいてしまった可能性があります。

これは寝言ではなくクシャミなのですが、頻繁にするようであれば要注意。

 

チンチラは湿度に弱いので夏に風邪をひくことが多く、風邪が悪化してしまえば肺炎になってしまう事もあります。

そして肺炎になったチンチラのほとんどは助かりません。

たかが風邪と侮らず、チンチラが頻繁にクシャミをし始めたら病院へ連れて行ってあげましょう。

 

歯ぎしり

チンチラは嬉しい時や悲しい時、どちらでも歯ぎしりをする事があり、その鳴らし方で意味合いが全然違ってきます。

例えばカチカチならリラックスしている時、ギリギリならストレスを抱えている時、そしてゴリゴリと鳴らしているようなら『不正咬合』の可能性があります。

 

●最近食欲がなくなった

●頻繁によだれを垂らすようになった

 

 

などの症状が見られるようになった場合は要注意です。

この『不正咬合』や歯ぎしりに関しては他の記事でもまとめているので、良かったらご参考にしてください。

【2分で解る】チンチラの歯ぎしりの種類一覧!鳴らす音によって意味が全然違います!

 

最後に

チンチラは夜行性なので日中は寝ている事が多く、体調不良を起こしてしまっている事に気づいたときには動物病院が閉まっているという事は良くあります。

ですが普段からチンチラの寝言や歯ぎしりにも気を配っていれば、チンチラが病気になる前に原因となるものを取り除ける可能性があります。

チンチラからのメッセージを見逃すことなく、楽しいペットライフを送りましょう。

 

 

 

関連記事

-チンチラ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.