チンチラ

チンチラにヒーターは必要?チンチラの寒さ対策の必要事項まとめ

更新日:

 

『チンチラを飼うなら温度管理は必須』という言葉はよく耳にしますよね。

チンチラを飼うならもちろん冬も暖房器具を使って室温の管理をする必要があるのですが、ヒーター等の暖房器具は必要なのでしょうか。

結論から言うと、基本的にはエアコンがあればOKです。

ただし赤ちゃんだったり、高齢だったり、病み上がりのチンチラには必要になってくる場合もあります。

この記事では、チンチラの効果的な寒さ対策についてまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

ペット用ヒーターを使うメリットは?

ペット用ヒーターはエアコンの暖房が行き届かない範囲をカバーしてくれるので、より確実にチンチラの体を冬の冷たい気温から守ってくれます。

赤ちゃんチンチラや高齢のチンチラなど、免疫力が低下しているチンチラにとって体温を下げるという行為はとても危険なものです。

 

チンチラも人間と同じように、ずっと冷気を感じていれば風邪をひいてしまいます。

更に風邪が悪化すれば肺炎をひき起こし、そうなってしまえばほぼ助かることはありません。

 

寒さが原因となる風邪からチンチラを守るためにヒーターを使う事は有効です。

また、室温に問題がなくても隙間風によりチンチラが風邪をひいてしまう場合もあります。

隙間風が気になるようでしたらケージ内に風よけとなるシェルターを入れてあげましょう。

 

ヒーターを使うデメリットは?

デメリットは特にこれと言ってないのですが、チンチラを飼育する上で適していない暖房器具は存在します。

例えば、一般的な電気ストーブはチンチラ用の暖房グッズとしては不適切です。

なぜなら年間、火事の件数の高い電気ストーブでは家を留守にしていたり、飼い主さんが眠っている間に付けっぱなしにすることは不向きだからです。

 

他にもコードが齧られる危険のあるものやチンチラが火傷してしまう危険のある暖房器具の使用は厳禁です。

またペット用のものであってもたくさんの穴が開いているカバーを使用している保温球は、チンチラが噛んだ時に歯が穴にはさまってしまう危険があるためおすすめ出来ません。

チンチラが骨折などの怪我をする原因の多くはケージ内での事故です。

 

好奇心旺盛なチンチラに使用する暖房器具はなるべく安全性の高いものを選びましょう。

例えば遠赤外線を使ったヒーターなどがおすすめです。

 

遠赤外線ヒーターならチンチラの体を確実に温めてくれる上に、熱による火傷もなく、火事になる危険性も低く、ケージ内に入れる事もないので事故も起こりません。

考えられるデメリットはほとんどなく、機能性が高いので暖房器具に迷ったならチンチラ用の遠赤外線ヒーターが良いでしょう。

 

1カ月の電気料金は?

やはり気になるのは電気料金ですが、60Wの遠赤外線ヒーターを30日間つけっぱなしにした際の電気料金は、

おおよそ1,000円程になるのだそうです。

 

ちなみにエアコンを30日間連続で使用した場合は、

おおよそ1時間に11円~27円(部屋の広さやエアコンの消費電力によって異なります)なので、

7,920円~19,440円程になりますね。

なので寒い日はエアコンを使いつつ、室温が暖かい時はヒーターのみにするのが一番電気料金が安く抑えられそうです。

 

最後に

チンチラの大敵である温度と湿度両方を管理できるエアコンはチンチラを飼う上で必須と言えますが、状況によってはヒーターや風よけ用のシェルターなどといった暖房器具も必要となってきます。

飼育環境やチンチラの体調に合わせて暖房器具を使い分けましょう。

 

 

 

関連記事

-チンチラ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.