チンチラ

チンチラが肥満になる原因はたった2つ!健康を保つ秘訣はこれだけです

更新日:

 

チンチラが肥満になってしまう原因として考えられるのは下の2点だけです。

 

 

●餌の量や種類が間違っている

●運動不足

 

 

例えばおやつを与えすぎていたり、チンチラが運動する事を嫌がっているなどですね。

この記事では、具体的にどうしたら肥満を避けられるのか、肥満になってしまった場合の対処法についてまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

おやつをあげるタイミング

チンチラにおやつを与えるタイミングは、チンチラをケージから出してコミュニケーションをとっている時間が最適です。

人間と同じくチンチラにとってもおやつを食べる時間は至福の時間。

次第に飼い主さんと触れ合う時間は嬉しいものと認識するようになり、よりなついてくれるようになるでしょう。

 

ただし与えすぎは厳禁です。

チンチラがおやつを一生懸命食べている姿は可愛らしいですし、おねだりされたら更に与えたくなる気持ちはわかりますが、ぐっとこらえて我慢しましょう。

 

おやつ選びは適切なものを

チンチラに与えるおやつは糖分や塩分が含まれていないものを選びましょう。

また脂肪が多く含まれているものも与えてはいけません。

レーズン、りんご、ニンジン、ヘーゼルナッツ、ピーナッツなどがおすすめです。

 

逆にポテトチップスやクッキーなどは絶対に与えてはいけません。

肥満の原因になるほか、チンチラがお腹をくだす原因ともなってしまいます。

 

ケージ内でも運動を

ケージから出して部屋の中で散歩をしたり、コミュニケーションをとることも必要なのですが、運動量としてはそれだけでは不十分です。

 

ケージ内でも運動ができるよう、回し車やトンネルなどを設置しましょう。

適度な運動を取ることは肥満対策だけでなくチンチラのストレス解消にも大きく役立ちます。

 

それでも肥満になってしまう場合

以上の2点を気を付けていても肥満になってしまう場合は、餌の種類、ケージ、回し車のどれかに問題がある可能性が高いでしょう。

 

餌は必ずチンチラ用のフードを選びましょう。

チンチラ用のフードはペットショップなどでも取り扱っていない場合が多く、ウサギ用のフードなどで代用されている方も居ますが、ウサギ用のフードはチンチラの体とは合わないため、肥満の原因となります。

 

ケージはチンチラが思いっきり体を動かせるだけの広さが必要です。

チンチラは小さく見えて立ち上がると意外と大きいので、ケージは横幅、縦幅共に100センチ程は欲しいです。

 

回し車もケージと同様、大きなものを選びましょう。

具体的に言えば、チンチラの体長と同じくらいの直径40センチくらいのものが望ましいです。

 

小さな回し車でも遊べない事はないのですが、ずっとかがんだような態勢で回し続けなければならないため、背中に大きな負担がかかってしまうため、頻繁には回さなくなる事があります。

 

最後に

チンチラの肥満は生活環境の改善により大きく改善されるものです。

肥満が改善されればチンチラの健康にも繋がり、長生きできる可能性も上がります。

チンチラを飼う際は餌の量と種類、運動に気を付け、楽しいペットライフを送りましょう。

 

 

関連記事

-チンチラ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.