チンチラ

【要注意】チンチラを飼うなら必須な湿度の管理!冬に必要な空調管理はコレ!

更新日:

 

チンチラが夏に弱く熱中症にかかりやすいという事は有名ですよね。

では冬はどうなのでしょうか。

結論から先に言うと、湿度の管理はほぼいりません。

チンチラが快適に過ごせる湿度は40%未満なので、普通に暖房器具を付けて過ごして居ればその数値は下回ります。

ただし温度の管理は夏と同じく必要となります。

この記事では、チンチラを飼うために必要な室温と湿度、高温多湿を防ぐための飼育グッズについてまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

室温は絶対に5℃以上に!

室温が5℃を下回ってしまった場合、体の弱っているチンチラは肺炎などの大きな病気を患ってしまう事があります。

弱ってなくとも子供だったり、高齢だったりした場合も注意が必要です。

チンチラは暑さよりも寒さに耐性があるので、夏ほど危険はありませんが、冬でも空調の管理は引き続き行いましょう。

 

暖房をつけ始めるタイミングは?

チンチラが快適に過ごせる温度は15℃~22℃です。

秋が終わり、室温が15℃を下回りそうになれば暖房をつけ始めましょう。

 

上の温度はあくまでも快適に過ごせる温度なので、必ずしもこの温度の間で合わせなければならないという訳ではないのですが、家にお迎えしたばかりであったり、高齢のチンチラには特に空調管理に気を遣う必要があるので、早めの時期に暖房をつけ始めるのが無難です。

 

どんな暖房器具が良いの?

暖房器具を選ぶうえで一番気をつけなければならない事は、その暖房器具を毎日24時間つけっぱなしにすることが可能かどうかです。

仕事だったり買い物だったり、暖房器具をつけたまま外出するのは心配ですよね。

やはり暖房器具による火事の件数が一番多い電気ストーブは避けるべきでしょう。

 

チンチラを飼う上で一番適した暖房器具は、やはりエアコン。

続いてペット用のヒーターが適しています。

 

ただエアコンをつけっぱなしにした場合の電気料金がいくらくらいになってしまうのか気になりますよね。

実際に室温が20℃になるようにエアコンをつけっぱなしにしたところ、月額はいくらかかるのか検証してみました。

 

料金は意外と安い?

エアコンを毎日つけっぱなしにしてみたところ、エアコンを使わなかった月と比べ、月額は1,500円程高くなっていました。

もちろん電気料金は気温や電力会社にも影響されるのでなんとも言えませんが意外と安価でしたね。

 

ペット用のヒーターは2~3万円程するものが大半で、決して安いものではありませんし、付けっぱなしにした場合の月の電気料金は1,000円程になるそうです。

それならば私たちも一緒に温まることができ、室温をきっちり管理してくれるエアコンの方が良いでしょう。

 

最後に

乾燥しやすい冬の季節は、チンチラにとっては夏よりもずっと過ごしやすいでしょう。

ただし温度管理は夏に引き続き徹底する必要があるのです。

 

どうしてもエアコンが体に合わないという方にはペット用ヒーターの購入をおすすめ致します。

厳しい冬の寒さからチンチラの体を守り、楽しいペットライフを送りましょう。

 

 

関連記事

-チンチラ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.