チンチラ

【要注意】チンチラを飼うなら温度管理は必須!気を付けないと本当に危険です!

更新日:

 

病気にかかりにくく飼いやすいペットとして知られているチンチラ。

そんなチンチラですが、実は飼う上で一番気を付けなければいけないのは室内の温度管理だという事をご存知でしょうか。

ほんの少しくらい大丈夫だろうと温度管理を怠ってしまうと、最悪の場合大切なチンチラの命を及ぼす危険すらもあるのです。

この記事では、チンチラを飼う際に温度管理が必要な理由と、対処法についてまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

温度管理が必要な理由

もともと標高の高い地域に生息していたチンチラにとって日本の猛暑は命に関わる程の脅威です。

私たち人間でも日本の真夏をエアコン抜きで耐えるのはなかなか辛いものがありますが、チンチラは更に全身に毛皮を纏っている上に、発汗する事で熱を逃がせる箇所が足の裏と耳の内側しかありません。

 

チンチラにとってエアコンのない部屋での生活は、毎日が命がけの戦いといっても過言ではないでしょう。

チンチラが快適に過ごせる温度は15℃~22℃、湿度は40%未満と言われています。

 

真夏の室温の管理は必須!

繰り返すようですが真夏の温度管理は必須です。

怠ってしまえば熱中症を引き起こす危険がありますし、もともと夜行性のチンチラは昼間は寝ている事が多いので熱中症になっていたとしても早期発見する事はとっても難しいのです。

もちろん個体差は存在しますが、チンチラが熱中症にかかる危険がある温度は26℃以上。

 

チンチラの身を守るためにエアコンの設定温度は必ず25℃以下で設定し、室温がそれを超えそうであれば、エアコンは常に付けておきましょう。

また、エアコンの風が直接あたる場所にケージを置くのも風邪をひいてしまう危険があるのであまり良くはありません。

少しやりすぎなのでは?と感じるかもしれませんが、チンチラが日本で生活していくにはこれだけの配慮が必要なのです。

これが愛らしく飼いやすいペットと言われているチンチラが日本であまりメジャーでない理由の一つだと言えるのかもしれませんね。

 

冬でもエアコンは必要?

チンチラは全身が毛皮で覆われているため、夏よりは冬の方が快適に暮らせます。

ただし真冬になると話は別です。

チンチラは室温が5℃以下になると風邪だけでなく、肺炎まで引き起こしてしまう危険があり、安全に生活を送ることは困難です。

あまりにも寒い季節が続くようであれば外出の際もエアコンは付けておきましょう。

 

部屋にエアコンがない場合は?

もちろん一番良いのは一年中エアコンを使って温度と湿度を一定の高さにしておくことですが、エアコンが苦手な方や、エアコンを設置していない方も居ますよね。

 

そういった場合は扇風機や涼感グッズを駆使してチンチラの体温をなるべく下げてあげましょう。

ただし、扇風機を使う場合はコードの位置に気を付けましょう。

 

チンチラが噛んで感電してしまう可能性があります。

他にも、室温の一番低い場所にケージを移動してあげることも重要です。

上の画像は陶器で出来たチンチラの冷感グッズです。

コードなどが付いていなく、肌触りが良くてひんやりとした陶器のお家はチンチラには最適な居場所だと言えるでしょう。

 

この商品は楽天ショップで販売されているので、気になった方は下のリンクから商品ページをご覧になってください。

マルカン チンチラのおへや 陶器製 関東当日便

 

最後に

チンチラを飼うなら温度管理は絶対不可欠です。

チンチラは温度と湿度にさえ気を付けていれば比較的病気にかかりにくく、長生きができる生き物です。

空調管理を徹底してチンチラの身を守り、チンチラと楽しいペットライフを送りましょう。

 

 

関連記事

-チンチラ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.