チンチラ

【1分でわかる】チンチラの鳴き声の種類一覧!鳴き方でチンチラの感情が全てわかります

更新日:

 

あまり鳴かない事で知られているチンチラ。

そんなチンチラが鳴く時、それはチンチラからの様々なメッセージが込められているのです。

あなたのペットのチンチラは普段何を考えているのでしょうか。

この記事では、チンチラの鳴き声の種類とその意味についてまとめさせて頂きました。

1~2分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

プープー・プップ

 

プープー、プップ、キューキューなどと小さく鳴く時は飼い主さんとコミュニケーションを取りたいとき。

とっても気分が良く、飼い主さんに甘えたい、かまって欲しいという感情が込められています。

 

この鳴き声を頻繁にするようであれば、チンチラとの関係はかなり良好だと言えます。

日頃から愛情をもってチンチラに接している証とも言えますね。

 

チンチラがこの鳴き声をしていたら、いつも通りたっぷり遊んであげましょう。

 

アーアー・ヴォッヴォ

 

アーアー、ヴォッヴォ、もしくはワンワンなどと高い声で鳴いている時はチンチラが求愛していたり、発情しているとき。

それから何かしらにストレスを感じている場合もあります。

 

発情期であればゲージなどを噛むようになり、行動もせわしなくなります。

もし飼い主さんがチンチラの子供をつくろうと考えているようであれば、慎重に相手を見つけてあげましょう。

チンチラ同士は喧嘩をしてしまう事も多いですし、交尾させてはいけない種類の組み合わせも存在します。

チンチラの交尾から出産までの注意点は下記の記事でまとめていますので、よかったら参考にしてください▼

 

 

発情期を迎えている様子がなければ何かしらに関するストレスを訴えている可能性が高いです。

ゲージが汚れていないか、温度や湿度が適切かどうか、餌に不満を抱いていなかなどをチェックしてみましょう。

 

ギャッギャ・グーグー

 

ギャッギャ、グーグー、もしくはケーッなどと大きな声を上げているときは、チンチラが何かに警戒をしていて威嚇をしているサインです。

これはチンチラを飼い始めたばかりの時や、他の生き物に敵意を感じている時に良く見られます。

この時無理になだめようとしたり、触ったりすると強く噛まれる事もありますし、チンチラとの信頼関係を壊しかねないので注意が必要です。

チンチラの興奮がおさまるまでそっとしておいてあげましょう。

 

最後に

チンチラにとって鳴き声は一番大きな感情表現の一つです。

鳴き声の種類さえ覚えてしまえば、チンチラが今何を訴えようとしているのかが簡単にわかるでしょう。

 

チンチラが飼いづらいペットと呼ばれているのは、チンチラに関する本や情報サイトが少ないだけで、本来は比較的飼いやすいペットなのです。

当ブログではチンチラの生態や、他のペットの情報、ペットと遊びに行けるオススメスポットなどもまとめています。

興味を持った方はぜひ他の記事も読んでみてください。

 

 

関連記事

-チンチラ

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.