【驚愕】犬がスナック菓子を食べたらどうなるの?危険な食べ物と中毒は?

更新日:

【この記事は2~3分ほどで読み終わります。】

 

机の上に置き忘れてしまったお菓子をワンちゃんが食べてしまった。

という事は気を付けていてもいつか起こってしまう危険があります。

では、愛犬がお菓子を食べてしまった時はどのような対処をしたら良いのでしょうか。

この記事は、スナック菓子に含まれる危険な成分と中毒についてまとめさせて頂きました。

2~3分もあれば読み終わるので、よろしければお付き合いください。

 


ADVERTISEMENT


 

食べてはいけないお菓子の成分

人間用の食べ物はカロリーが高すぎるものが多く、犬が食べれば肥満になってしまいます。

また、お菓子の中には犬が中毒症状を起こしてしまう食材が含まれている場合があります。

例えばチョコレート類は犬の体にとっては毒です。

レーズンを食べた場合は、腎不全になる恐れがあるので大変危険です。

それ以外にも犬が食べてはいけない食材はたくさんあります。

 

ナッツ

・クルミ

・マカダミアナッツ

 

果物

・チェリー

・レーズン

 

野菜

・玉ねぎ

・ニンニク

・トマトの葉や茎

・ニラ

・アボガド

・キノコ

 

その他

・チョコレート

・キシリトール

・ココア

・紅茶、コーヒー

・アルコール

 

これらの食材は犬にとって有毒、もしくは有毒になりえます。

絶対に与えてはいけません。

また、これらの食材が含まれていないものでも、犬によってはアレルギー症状を引き起こす場合があります。

 

愛犬が食べてはいけないものを食べてしまった時の対処法

愛犬が食べてはいけないものを食べてしまった場合は、それらが消化される前に少しでも多く吐かせてあげる必要があります。

できるだけ早く動物病院へ連れて行きましょう。

自宅で吐かせるために水を大量に飲ませるのは危険です。

誤飲してしまった物を水で押し込んでしまい、異物が胃から腸の方へ流されてしまう場合があります。

 

動物病院へ行く際は、食べてしまったお菓子のパッケージを持参すると診断がスムーズになります。

パッケージがない場合は食べてしまった物やその写真を持って行きましょう。

 

犬がつまみ食いをしてしまう事を避けるには

まずは愛犬の手の届くところに食べ物を置くことをさけ、つまみ食いができない環境づくりをする事が重要です。

それでもつまみ食いをしようとしてしまう場合は、愛犬がお菓子を食べないようにしつけなければなりません。

 

人間が美味しく感じるお菓子は、犬にとってもごちそうです。

一度お菓子の味を覚えてしまえば、それからも欲しがるようになってしまいます。

犬の健康を守るためにも、絶対に人間用のお菓子は与えてはいけません。

愛犬がお菓子を食べようとしていたなら、叱って『それは悪い事』と覚えさせましょう。

 

▼しつけ方法についてはこちらの記事で詳しくまとめています。

 

お米が消化に悪いって本当?

犬と人間は消化酵素が異なるため、私たちの主食である『お米』は犬にとってはあまり得意ではありません。

お米というよりは、穀物に含まれる炭水化物が苦手なのですが、ドッグフードの中にはこの穀物が多く含まれているものがあります。

なのでドッグフードを選ぶ際は、原材料に気を配らなければなりません。

人口添加物も犬によってはアレルギー症状を起こしてしまう場合があるので、出来れば避けたいです。

 

▼穀物・添加物不使用、世界一の賞を受賞したペットフード『オリジン』についてはこちらの記事で詳しくまとめています。

 

最後に

犬にとって人間の食べ物を食べてしまう事は、一刻を争う程の事態にもなりえます。

必ず冷静に的確な対処を心がけ、放置するようなことは絶対にやめましょう。

また、動物病院の休業日などの可能性も考え、事前に複数の動物病院を調べておくことも重要です。

食べることが大好きな犬にとっては、食べ物が目の前にあれば食べたくなってしまう事は当然です。

日頃から犬の食生活には十分に注意しましょう。

 

★-関連記事-★
 

愛犬の感情を知るために必要な5つのこと

【絶対ダメ!】決して愛犬にしてはいけない5つのこと

【驚愕】簡単にワンちゃんになつかれる方法とは?

関連記事

-

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.