愛猫の感情を知るために必要な5つのこと

更新日:

画像引用元:https://nekogohan-web.jp

【この記事は1~2分ほどで読み終わります。】

 

猫といえば「気まぐれな生き物」なんていうイメージってありますよね。

でも猫も良く見ていると今何を考えているのかを簡単に感じ取ることが出来ます。

今回は猫のことを良く知るための方法を5選まとめていきたいと思います。

1.尻尾の動き

画像引用元:https://nekochan.jp

猫が一番感情に出やすい体の場所は尻尾です。

尻尾の動きを見ていれば猫が今何を考えているのか知ることが出来ます。

まず尻尾をクルンと巻いてと上向きに立っている時は、何かに対して幸せな感情を抱いている状態です。

飼い主さんに甘えたい時や、何かをおねだりしたい時に現れる行動なので、

これが愛猫に良くみられる場合は、猫に良い飼い主だと認められているという事です。

尻尾の毛が逆立って膨らんでいる時は、何かに対して警戒していたり、怯えていたりする時です。少しでも自分を大きくみせて相手を威嚇している状態です。

逆に尻尾がダラーンと垂れ下がっている時は、体調が悪かったり、元気がない時に良くみられます。

尻尾を左右に素早く振っている時は何かに対して不快感を感じている時に現れます。

この時は撫でたりすると逆効果に繋がる場合もあるので、そっとしておくのも良いでしょう。

猫を抱きかかえた時に素早く尻尾を動かしている場合は不快感を感じており、その逆でゆっくりと尻尾を振っている時は、安心して落ち着いている時に見られる行動です。

2.目の動き

画像引用元:https://nekowara.com

尻尾ほどではありませんが、目の動きからも猫の感情を知ることが出来ます。

例えば瞳孔が開いている時は、人と同じように驚きや興奮を感じた時に現れます。

その反対で瞳孔が小さくなっている場合は、何かを威嚇している時です。

他にも猫が目を細めてゆっくり瞬きをしている時は、穏やかで安定した気持ち。

猫があなたの目をじっと見つめている場合はあなたに遊んでほしかったり、今一緒にいることに対して満足に感じているのです。

3.鳴き声

画像引用元:https://www.axa-direct.co.jp

猫は様々な鳴き声を使い分けて自分の感情を相手に伝えようとします。

「にゃーーーー」と甘くて長ーく伸ばしたような鳴き声の時は、あなたに合えたことに対して嬉しく感じている時の鳴き声です。

それよりも短い長さの「にゃーー」はお腹がすいていたり、あなたに遊んでほしい時のサインです。

ただし低い鳴き声だった場合は威嚇だったり、何かに警戒している証拠なので注意が必要です。

ゴロゴロとのどを鳴らしている時は、リラックスしていて幸せな時に見られます。

4.仕草

画像引用元:https://mofmo.jp

耳をペタンと頭に付けている時は、何かに警戒していて恐怖を感じている場合によく見られます。

ただしまだ遊んで欲しかったりする場合でも同じ行動をとる場合があるので要注意ですね。

ちなみに猫が自分の体をなめているのは良く見られる行動ですが、これは自分の匂いを消して、獲物に気づかれないようにするための本能的な行動です。

近くに小動物など、猫が狩ってしまいそうなペットがいた場合は念のため、隔離しておきましょう。

5.あなたへの行動

画像引用元:https://peco-japan.com

猫があなたにすり寄ってきたときは、他の動物にあなたが取られないよう、

「自分の縄張りだよ」と主張している行動です。

すり寄ってきたのが頭だったり尻尾だったりした時は、飼い主さんに「元気?」「具合はどう?」なんて挨拶しているのです。

更にぐいぐいと鼻を押し付けたり、頭をすりすりとしてきた場合は、あなたに対して深い愛情を感じています。

ぺろぺろとなめてきたときは、あなたを自分の家族の一員だと思い、信頼している証拠なのです。

髪を噛んでくるのは、猫が大切なあなたのことをきれいにしようと頑張っている行動なのです。

最後に

画像引用元:http://petfilm.biz

猫は甘え上手で他のどんな動物よりもわかりやすい生き物です。

飼い主さんが愛情をもって接し続けていれば、必ず猫の気持ちを理解する事ができます。

これから猫を飼おうかと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

-

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.