【絶対ダメ!】決して愛犬にしてはいけない5つのこと

更新日:

画像引用元:https://www.pochi.co.jp

【この記事は1~2分ほどで読み終わります。】

 

犬って可愛いですよね。

犬は飼い主さんの寂しい時、嬉しい時、ずっと寄り添ってくれる大切な家族です。

長い時間を一緒にすごす間柄だからこそ、私たちはペットに決してしてはならない事を覚えておく必要があります。

今回は『愛犬に絶対にしてはいけない5つのこと』をまとめていきたいと思います。

1.無理に服を着せる

画像引用元:https://howto-dog.com

洋服を着たワンちゃんって可愛いですよね。

ですがワンちゃんにとって服は邪魔になってしまうものが多いのです。

動きにくく蒸れやすい服はただただストレスに感じてしまいます。

必ずワンちゃんにとってストレスにならない着心地の良い服を選びましょう。

また、ワンちゃんは汗腺がほとんどないので、風で涼をとることができず、服を着ていた場合、夏場は人間よりも熱中症にかかる可能性が高くなることもあります。

服を着させる際は必ずエアコンで空調の管理を徹底しましょう。

2.餌を取り上げる

画像引用元:https://wan-life.com

ワンちゃんの唸り癖を直すための一環として、ワンちゃんの餌を取り上げるというしつけ方法をする方がいますが、これは間違いです。

生き物にとって「食べる」という行為はとても大切なものです。

理性の強い人間であっても急にお弁当を取り上げられたら怒りを覚えますよね。

それはワンちゃんにとっても同じなのです。

ワンちゃんと飼い主さんの信頼関係にヒビを入れかねない行為なので、絶対にやめましょう。


ADVERTISEMENT


3.鼻をはたく

画像引用元:http://wando.xyz

手をあげたり、暴力でしつけをするのは愛犬からの信頼を大きく損なう行為です。

その中でもワンちゃんの鼻は多くの末端神経が集まっている部分なので、ここをはたかれると、非常に驚いてしまいます。

しつけをする際は必ず正しい声かけで行いましょう。

4.中毒性のあるものを食べさせる

画像引用元:http://xn--n8jzar6c6bw075c2wsaqlaz68yvve.com

ブドウやチョコレートやアボカドなどは犬にとって毒物です。

また、少量であってもクッキーなどのお菓子にチョコやレーズンが含まれていた場合、与えれば中毒症状を起こしてしまいます。

お菓子を与える際は、なるべく犬用のものを与えましょう。

実は犬用お菓子って今ものすごく進化しているんです。

詳しくはコチラのまとめに記載しています。

5.美容整形を行う

画像引用元:http://www.life-ahp.com

犬用の美容整形ってあまり聞いたことがありませんよね?

実は人間と同じように犬にも美しく魅せるための手術が存在するのです。

例えば、ドーベルマンのくたっとした耳をピンと立たせるための手術などがポピュラーで、最近では二重まぶたの整形なども行われているようです。

手術を行うことは、必ずリスクが伴うものです。

雑菌の繁殖など、術後のケアがより困難になるワンちゃんの美容整形は絶対にやめましょう。

まとめ

画像引用元:https://mofmo.jp

今回は愛犬に絶対にしてはいけない事5つをまとめさせて頂きました。

これからワンちゃんを飼おうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

-

Copyright© ペットライフリンク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.